日本人と縄文体質
236165 江戸時代の経済(2)
 
匿名希望 10/08/13 PM10 【印刷用へ
「5.徳川300年を支えた流通構造」より
リンク

以下、引用


2.経済力削減政策

 大名が軍事的に屈服したとしても十分な経済力を有する場合は中央勢力に対し独立が可能になります。軍事力により優位を築いたとしても、室町幕府や豊臣政権の例を見るまでもなく、その政権の安定性は低いわけです。
 よって幕府は大名の経済力を奪うことにも力を注ぎました。

(1)金銀山直轄

 大名が金銀山を有している場合、金銀が貨幣である以上、貨幣を自由に入手できるということであり、中央の経済圏に頼らずとも自給自足が可能になります。
 またその分中央政府の財政基盤は相対的に弱いということでもあります。

 豊臣秀吉はそのことを当然承知しており、全国の主立った金銀山を直轄としました。
 家康も関ヶ原の勝利という千載一遇のチャンスを生かし、金銀山を直轄とするとともに、大久保長安を登用し、さらなる生産量の向上を図りました。

 金銀山直轄は領内に金銀山を有する大名の経済的自立を阻止するとともに、幕府の財政基盤を確立するために大きな役割を果たしたのです。

 大名は領内で生産できない物資を入手するためには貨幣を使用するしかありません。ですから採掘により直接貨幣が入手できない以上、自らの領内で生産したものを「領外」で販売することが必要になるのです。
 もっとも、生活物資をそれほど藩の外から入手する必要性が少なければ、それほど大きな市場を領外に求める必要はありませんでした。

(2)夫役

 夫役とは、大名に対し労働力とその費用を出させて、土木工事などを行わせるものです。

 あまり知られていませんが、江戸の町づくりや川の付け替え工事と言った大土木工事は大名たちの手によってなされました。
※ちなみに、昔は日比谷は海で、溜池はその名の通り池でした。

 さらに彦根城をはじめとする幕権維持のために必要な様々な城郭の新築・改築も夫役によって行われていました。

 関ヶ原の直後だけに、徳川家への忠誠を示すという観点、他大名の手前見栄を張らなければならないなどから必要以上に費用を必要としたため、大名たちは経済的に大きなダメージを受けることになります。

 これは豊臣氏も例外ではなく、豊臣氏の財力を恐れた家康は寺社の復興などの名目で蓄財していた秀吉の遺産を使用させ、経済力を削り取っていったのです。

(3)鎖国(貿易独占)

 鎖国については、宗教的要因で語られることがほとんどです。曰く「キリシタンの進入防止のため」。

 しかし、経済的に見た場合、鎖国は貿易による貨幣の入手を原則として禁止するという意味を持っていました。
 貿易というのは非常にうまみを持っており、金銀の入手はおろか国内で多額で取り引きされる珍品の入手も可能にします。

 幕府としては”無用な”貿易を大名に行わせないことにより、大名の貿易による収入を途絶するという意味を持っていましたのです。

 これにより、大名は貨幣を入手するためには自らの領内で生産したものを「国内」で販売することが必要になるのです。
※ちなみに現実的には30年代から老中奉書を要するなど、鎖国完成以前から経済的には事実上の鎖国状態でした
 
List
  この記事は 224789 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_236165
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp