社員の活力を引き上げるには?
236042 企業の置かれている状況 役員編@〜経営方針を共有しない取締役部長〜
 
三浦弘之 ( 31 静岡 会社員 ) 10/08/11 PM10 【印刷用へ
今後の企業の可能性を探っていく上で、現在の企業の置かれている状況をおさえていきたいと思います。『社労士は見た!中小企業を伸ばす社員育成の極意(著:伏屋喜雄)』より引用します。

******************************

従業員120人の建設会社のことである。役員8名、月1回の役員会に参加させてもらった。経営が厳しく人員合理化をするための参加である。役員をみて社長の求心力のなさに驚いた。2〜3人の役員を除いてほとんどの役員は自分勝手な発言が目立ち、社長の発言を聞こうとしない。まるで経営方針を共有しない役員の集まりでるのだが・・・。

折からの建設不況で業績が極めて悪化し、ついに赤字を出す状況に陥った。このため社長は会社立て直し策の一つに業績3割ダウンに基づく3割人員の削減に着手することにした。健全経営を遂行する上で当然の処方箋ではあるが、従業員を辞めさせるとなれば企業はおろか従業員とその家族に至るまで痛手の大きさは計り知れない。

人員削減には一定の法的手順を踏まねばならない。コンプラインアンスの見地からもその詳細を説明する機会を持つことになった。だが、私はあまりの役員の身勝手さに愕然とした。役員としてあるべき姿なのだろうかと。どうしてこんな状況になってしまったのか、疑問であったが、話を聞いていくうちにいくつかのことがわかった。

社長への信頼が多くの役員から得られていないこと、事業部制がとられているため他の事業部に関しては無関心であること、利益が上がっているうちはよかったものの急激な落ち込みで社長に矛先が向けられ責任転嫁するような甘えた役員意識が強いこと等であった。そうした中で、社長が今年度の経営方針や具体的な経営計画を発表してもそれを共有しようとする役員が少ないのは当然である。これでは会社が一つになってこの危機的状態を建て直すことは到底できない。

******************************
 
List
  この記事は 229248 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_236042
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
現代の神官=社会統合階級の欺瞞
個人主義者の詭弁 個人と自我
個人主義の責任捨象と言い逃れ
共認回路と自我回路
規範意識の形成の土台は? 
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
規範回路と観念回路の断層
我思う、故に我あり
漱石をねじ曲げる「奴隷」たちへ
「自我=エゴ」を制御するもの
相手尊重の意識の原点は?
歴史無視の表層的個人主義はウンザリ
共認充足がなければ生きられない
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
「自分らしさ」を理解できない人々
「心の豊かさ」に感じる胡散臭さ
規範の形成を阻んでいるもの
自己実現の「非」実現性
自我回路より共認回路の方が充足できる
“自我心理学”から“共認心理学”へ
あらゆる圧力を排除する個人主義
人類の本性は共同性にあるA
原始時代に自己中はいなかった
全体主義を生み出した犯人は、自己中
潮流1:共認原理と私権原理
私権時代から共認時代への大転換

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp