市場の支配構造
235758 ヒラリー・クリントン次期大統領選へのイメージ戦略〜ヒラリーはD・ロックフェラーの最終兵器?
 
猛獣王S ( 不惑 東京 営業 ) 10/08/06 PM11 【印刷用へ
『ヒラリー・クリントン:次期大統領選へのイメージ戦略』(ライジング・サン(甦る日本))リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
 〜前略〜

なぜ次の大統領がヒラリーと言われるのか。  ヒラリー・クリントンの旦那は元大統領のビル・クリントンである。

ビル・クリントンはアーカンソー州知事から大統領になったことは知られているが、ビルクリントンは実際どのような生い立ちなのかがカギを握っている。 

ビル・クリントンの父親はなんとロックフェラー家四男ウィンスロップ・ロックフェラーである。(隠し子)

しかしそのことは隠され続け、ほとんどの人が知らない。 私も副島氏の「世界権力者人物図鑑」で知ったのだが、このウィンスロップ・ロックフェラーもアーカンソー州知事だったのだ。

ここですでにビル・クリントンがロックフェラー家の血を引いていることが分かるが、このビルを大統領にするために動いていたのがロックフェラー家と繋がりが深いジョン・フォレスター・ダレスという。 このダレスはあの「ヒトラー」も見つけ、大英帝国から米国ロックフェラー家への世界覇権略奪のために育て上げたということだ。

だから第2次世界大戦のナチス・ドイツの動きというのは、全てロックフェラーが操っていたということになるだろう。

そしてこのビル・クリントンが大統領になる前には、世界の権力者が集まる秘密会議「ビルダーバーグ会議」に出席しており、なおかつヒラリー・クリントンも出席した経緯がある。 すなわちクリントン家、今であればヒラリークリントンというのはデヴィッド・ロックフェラーに繋がる世界の権力者に認められている存在であり、世界情勢と時期をみて大統領として投入されるべく人物だと考えたほうがよい。

デヴィッド・ロックフェラーの直臣であるズビグニュー・ブレジンスキーに育てられたバラック・オバマは、デビット・ロックフェラーの身内の敵、ジェイ・ロックフェラー(ジョン・ダヴィッドソン・ロックフェラー=ロックフェラー本家嫡男)にうまく奪われたことと、金融危機でロックフェラー帝国が衰退しかかっている。  オバマを利用してロックフェラー帝国の延命を計ったがどうやら失敗したようだ。

デヴィッドの所有するシティバンクは瀕死状態なのに、ジェイロックフェラーが真のオーナーであるGS(ゴルドマン・サックス=欧州ロスチャイルド系)は金融危機もなんのその莫大な利益を上げ続けてきた。 そこですかさずデヴィッド陣営はドバイショック、ギリシャショック、ユーロ危機などを仕組んでGSを叩きのめしている。

オバマの政策も米国の財政状況では、どんな政策をしようが無駄なのは目に見えているが、またそれを利用してオバマを弱体化させている。 GSも弱ってきた。 

米国内のロックフェラー一族の争いはどうなるか分からないが、このままいけばヒラリー・クリントンがデヴィッド・ロックフェラーの最終兵器として登場するのではないか。 サラ・ペイリンもリバータリアン(反グローバリスト)なのだが、どちらかといえばペイリンよりも人気があるのが同じくリバータリアンであるロン・ポール下院議員である。 しかしおそらくロン。ポールが出馬することになればヒラリーも危ういのではないかと私は見ている。 だからおそらくデヴィッド側はヒラリーの対抗馬が負ける相手をヒラリーと争うように仕組むであろう。 

それが米国が長年やってきた、最初から勝敗が決まっている大統領選なのである。 米国民も日本国民も民主主義という言葉に騙されてきた。 国家レベルでは特に全てが出来レースであり茶番だったのだ。

こんなことにいつまでも人類が付き合わされている余裕などない。

日本でそれを変えることが出来るのは誰か。 それは米国やその子分どもに狙われる人物である。

もう言わなくても分かりますね。 そしてその人物を守り、我々が一体となって真の勝利を達成せねばならないのである。 だから9月の民主党代表選で菅直人を打倒しなければならない。

ヒラリーに面と向かって話ができるのは小沢一郎氏しかいないのである。
----------------------------------------------------------------
 
List
  この記事は 224505 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_235758
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
236117 日本における金貸し勢力の争い ダイアF 10/08/13 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp