学者とマスコミはグルで頭脳支配
235756 韓国「光復節」 歴史の捏造
 
匿名希望 10/08/06 PM10 【印刷用へ
8/15日の終戦記念日が近づき、またぞろ韓国の日本に対する賠償・謝罪を求める声が高まっている。

特に今年は、1910年の日韓併合から100年を迎える年にあたり、とりわけ騒がしい。

それに呼応するように、民主党政権が1995年の村山談話並の謝罪談話を発表する意向も伝えられている。

ところで、日本では1945年、ポツダム宣言を受諾し、いわゆる玉音放送が流れた終戦記念日にあたる8/15日は、韓国では「光復節」と言われている。

「光復節」とは、wikipediaを調べてみると、
---------------------------------------
光復節(こうふくせつ)とは、朝鮮の大日本帝国(日本)
からの解放を祝う大韓民国の祝日である。8月15日。
---------------------------------------
とされている。( リンク )

しかし、この短い文に嘘が2つ含まれている。

1 日付の嘘------韓国樹立の宣布式が執り行われ、独立を果たしたのは「1948年8月13日」である。

2 支配者の嘘----韓国は、日本から独立したのではなく、は、アメリカ軍政から独立した。

朝鮮は、有史以来連綿とモンゴルや中国、一部は日本の属国であり続けた。

1897年、日本の日清戦争勝利によって、歴史上初めて清の属国から独立し帝国を名乗る。

したがって、独立を祝いたいのであれば、属国の記念碑「迎恩門」を撤去し、「独立門」を打ち立てたこの日が独立記念日であろう。(※)

しかし、無能な李朝の王政が、当時の欧米列強による帝国主義支配に抗えるわけもなく、程なくして純宗皇帝は日本に併合を求める。

1910年、日韓併合条約(「韓国皇帝が韓国の統治権を完全かつ永久に日本国皇帝に譲渡する」)( リンク )よって、大韓帝国の短い歴史は終わりを告げる。

それ以降、朝鮮は日本の一部となり、ともに第2次世界大戦を戦い、1945年8月15日の敗戦を迎える。

この日、朝鮮を管轄する朝鮮総督府は呂運亭に朝鮮建国準備委員会を結成させ、朝鮮人に自治権を付与した。これは大日本帝国の一地方に自治区を設けたという程度の意味で、独立ではない。

自治権獲得によって、朝鮮総督府からは日章旗が降ろされ、代わりに太極旗がはためいた。

しかし、同年の9月8日、米軍が南朝鮮に進駐すると、進駐軍は太極旗を引きずり下ろし、再び日章旗を掲げさせた。

さらにその翌日9月9日、同じ場所に掲げられたのはアメリカ国旗であった。この軍政は1948年8月13日まで続くことになる。

この意味するところは、

・朝鮮は日本の一部であって、日本が連合国軍政に置かれる以上は朝鮮も同様であり、自治権など無い

とマッカーサー=米国が判断したと言うことである。

従って、韓国が祝うべき日は、8/13日であり、「アメリカ軍政からの」解放を祝うべきなのである。(朝鮮総督府総監は、1945年9月28日まで阿部信行陸軍大将が務めている)

こうした事実を覆い隠したまま、今年も韓国は「光復節」の日を迎える。

※「迎恩門」は、朝鮮王が、中国の皇帝の使いの者を三跪九叩頭の礼( リンク )で迎えるための門。同様のものとして、「大清皇帝功徳碑(三田渡碑)」( リンク )があり、こう記されている。

リンク

・大馬鹿な朝鮮王は愚かにも、偉大な清国皇帝に逆らった。
・清国皇帝は愚かな朝鮮王を窘め、己の大罪を諭してやった。
・良心に目覚めた朝鮮王は自分の愚かさを猛省し、偉大な清
 国皇帝の臣下になることを誓った。
・我が朝鮮はこの清国皇帝の功徳を永遠に忘れず、また清国
 に逆らった愚かな罪を反省するために、この石碑を建てる
 ことにする。

清からの独立を記念した「独立門」は、なぜか「日本から独立した記念碑」と曲解されて伝えられることもあるようである。
 
List
  この記事は 234887 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_235756
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp