素人による創造
235571 日本が金貸したちのラストリゾートに仕立て上げられるかもしれない
 
わっと ( 壮年 愛知 企画 ) 10/08/02 PM05 【印刷用へ
>こうした状況で、学校教育やペーパーテスト全体がおかしいのではないかという問題意識が生まれ、近代社会の全てが騙しなのではないかという認識が登場してきたのである。(233912

近代社会とは、西欧の金貸したちが(背後で)主導して作り上げた仕組み。それまでの力の序列を背景とした身分社会を打倒して、金貸したちの思い通りにできる社会を作り上げるためには必然的に騙しが必要だったということだろう。

(市場の奴隷である)「市民」が、さも主役であるかのように見せかけ、「自立した市民」を育成するために「民主的な」教育制度をつくり、市民を(洗脳)再生産するシステムを作り上げてきた。

万人が私益を追求できる主体になっていると思い込ませ、その中の勝者たる階級を手先として使い、奴隷たちを自ら統治させる、その背後で君臨し続けるという壮大な騙しの構造。

しかし、私権社会が終焉を迎え、共認社会へと移行してゆくことによって彼らの騙しの仕組みは瓦解してゆくことになる。だから、彼らはひたすら私権の旨みを見せつけ、私権圧力を持続させることしか手立てが無い。
1960年代に貧困から脱却できたはずのアメリカがいまだに大量の貧困層を抱え続けているのはそうする必要があるからだろう。しかし、そのことによって経済大破局の際には社会秩序が崩壊するしかないというジレンマを抱えている。

たかだか200年程度で瓦解するしかない仕組みとは粗悪品でしかなかったとも言えるが、支配者として頭を使い続けてきた彼らは、ラストリゾートとして日本をターゲットに定めているのかもしれない。下手をすると日本人の共認体質を巧みに利用されてしまう恐れ、ヤバさを感じる。
 
List
  この記事は 233912 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_235571
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
お金〜ことわざより〜
市場と国家の共犯関係
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
潮流4:輸血経済(自由市場の終焉)
潮流5:失われた40年
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
市場の起源、原資拡大の方法、その真実の姿
金貸しの存在構造、不換紙幣の成立
国家債務危機〜ジャック・アタリ氏から21世紀を読み取る3
現実に社会を動かしてきた中核勢力
統合階級の暴走で失われた40年
米国債デフォルト:金融勢力の狙いは旧紙幣の廃棄
国債暴落後の世界経済はどうなる?
経済破局の下で秩序は維持できるのか?
国家紙幣によるゼロ成長の経済運営
学者・官僚・マスコミは、骨の髄まで金貸しの手先である
劣勢のロックフェラー勢は日本篭城計画を進めるしかなくなった
バブルとバブル崩壊〜金融資本主義の罠を仕掛けたロスチャイルド勢
40年の長期戦略を持ってEU統合と世界の多極化を進めてきた欧州貴族
闇の勢力争いの現状分析〜闇の支配勢力研究家の諸説をどう読むか。
「特権階級の世界」と「大衆の世界」〜2つの世界の断絶と接点は?
民間銀行から「信用創造・破壊権」を取り上げ中央銀行を国有化すればすべては解決する!
アメリカ、欧州で反金融の階級闘争が勃発か
金貸しは目先の利益追求に追われて、地球を破壊してきただけ
マネー経済の急拡大
マネー経済拡大の原因 Aグローバリゼーション
電通を媒介にしたアメリカによるメディア支配
世界中を巨大市場化していく諜報機関
ロックフェラーVSロスチャイルド 2大企業群
「ロックフェラー 対 ロスチャイルド」って何?(2)
「アメリカに食い尽くされる日本」を読んでA
9・11テロはアメリカの自作自演という世界世論
FRBは、アメリカ闇の勢力の中核部

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp