農業
234249 『GRAND THEORY Vol.9』なんでやネットワーク著
「農から始まる日本の再生」
 
るいネット事務局 10/07/05 PM07 【印刷用へ
<タイトル>
農から始まる日本の再生

発行 2010年7月4日
サイズ A4 74頁
定価 2000円

<内容紹介>
〜農への関心が高まっているのは、なぜか?〜

近年、農への関心が高まっている。2008年頃からビジネスマン向けの経済誌や、ライフスタイルを提案する雑誌などで次々と特集が組まれ、農に取り組む著名人が紙面を賑わせてきた。家庭菜園や市民農園で野菜などの栽培に取り組む人が増え、就農を希望する若者も増えている。新たなビジネスチャンスとして、あるいは自然と触れ合う生き方として注目を浴びる農だが、人々の関心が高まっている背景には、どのような意識の変化があるのだろうか?

ここ数年の農や食に関する事象に目を向けると、2006年度に食料自給率が39%に低下し、報道で大きく取り上げられて以降、2007年に牛肉偽装事件、2008年には中国製冷凍ギョウザ薬物中毒事件、汚染米の不正転売・横流し事件等が発生している。
また、同年小売店から乳製品が消える、小麦価格が高騰するなど、国際情勢が食に及ぼす影響も意識され始めた。こうした状況を受け、農や食への危機感は強まる一方である。

他方、趣味の一環として農業体験に参加する人、家庭菜園や市民農園で実際に栽培に取り組む人、就農を希望する人は年々増え続けており、人々は農に魅力や面白みを感じ、農作業を通じた充実感なども求め始めている。また、企業の農業参入が増えるなど、改めて可能性のある産業として注目される他、教育に農業を取り入れる動きも目に付くようになり、教育の場としても関心が高まっている。こうした動きから、農への期待感が高まっている事が伺える。

つまり、農に対する関心の高まりの背後には、人々の農に対する「危機感の強まり」と「期待感の高まり」という2つの意識が存在していることが分かる。
今回のGRAND THEORY vol.9『農から始まる日本の再生』では、農への危機感の背後にある社会構造を解き明かし、その突破口を探るとともに、農への期待感を高めている意識潮流の変化を解き明かし、農の持つ新たな可能性の実現基盤を発掘する。


※詳しい内容はこちらをご覧ください(リンク

◆販売情報・購入先
 なんで屋露店 出店予定表 関西(リンク)・関東(リンク
 るいネット販売 GRAND THEORYトップページ(リンク
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_234249
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
かみなか農楽舎・類農園合同企画 「これからの農業どうする?」をテーマにコラボ企画が実現!!レポート〜後編〜 「新しい「農」のかたち」 11/02/19 AM08
かみなか農楽舎・類農園合同企画 「これからの農業どうする?」をテーマにコラボ企画が実現!!レポート〜前編〜 「新しい「農」のかたち」 11/02/19 AM08
新年あけましておめでとうございます! 「類農園の研修生ブログ☆毎日が一年生☆.。.:*・゜」 11/01/08 PM00
就農1年目の振り返り 「類農園の研修生ブログ☆毎日が一年生☆.。.:*・゜」 11/01/08 PM00
239247 社会貢献ボランティア 匿名希望 10/10/11 PM10
農業のメルマガ発行してます〜“食糧危機の原因は市場にあり2” 「にほん民族解放戦線^o^」 10/09/15 PM04
235757 農業をやるにも、社会状況を掴む勉強をする必要がある 関谷啓太郎 10/08/06 PM11
235609 勉強の感想 RESUTA 10/08/03 PM09
路上で絶好調!!〜『新しい農業の可能性とは?』 「路上で世直し なんで屋【関西】」 10/07/26 PM11
235172 『農』への意識の高まり おさるさん 10/07/24 PM10
【共認時代の農業〜先駆的事例紹介】〜GRAND THEORY vol.9『農から始まる日本の再生』紹介〜 「新しい「農」のかたち」 10/07/13 PM08
グランドセオリー最新刊!Vol.9『農から始まる日本の再生』の紹介 「にほん民族解放戦線^o^」 10/07/11 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp