実現論を塗り重ねてゆく
231033 4/29なんでや劇場レポート「観念力とは何か?」(1) 観念力の前提条件⇒肯定視の充足空間
 
匿名希望 10/05/02 AM03 【印刷用へ
●観念力を扱う前提条件

前提条件として、これまでの「力」シリーズを復習して説明する。

'10年以降の10年間は、私権体制が崩壊過程に入り、共同体が上昇過程に入る。その象徴がJALの経営破綻やトヨタの欠陥車問題である。その見通しを進めて、これからの時代はどのような力が必要になるのか?⇒私権時代に求められた力と、共認時代に求められる能力へ。

私権時代に求められた力は、武力or資本力。
私権時代は動物の本能である力の原理に貫かれた時代であるため、とりわけ武力は「弱肉強食」という概念と重なり、あたかも腕力に近い力とイメージする人が多い。しかし、それは間違いである。剣術の達人がトップになった例はなく、全て家来にすぎない。武力闘争は集団闘争であり、武装集団をどう統合するか⇒共認統合力が勝敗を決することになる。

人類の原始時代も採集時代も、武力時代も資本力時代もいずれも共認統合力が力そのものである。このことは、普遍的・歴史貫通的に指摘できる事実である。

○では、私権時代の共認統合力と、共認時代の共認統合力の違いは何か?
私権時代は貧困の圧力⇒誰もが私権を求めて収束する、自分第一の時代。⇒自分(私権獲得)のために共認統合力を行使する。一方、現在〜近未来は、私権の衰弱⇒共認収束⇒みんな第一という価値転換が進行する。そこでは、みんなを充足させるためには何が必要かという観点が問われる。つまり、源泉部が自分発からみんな発に転換するため、みんな発の充足のために共認統合力を行使することになる。逆に言うと、みんな発でなければ共認統合力は形成できない。

私権時代の力に特徴が一つある。
私権上位の家に生まれた者は、領土や富や家臣団といった力を実力で勝ち取るのではなく、秩序の根幹である私権の相続によって与えられる。従って、既成の力のヒエラルキーが初めから存在しており、それは当人の実力とは乖離している。これが私権時代である(それに対して、共認時代の力で相続されるものはなく、生まれて以降身につける力=100%実力である)。

力を獲得するためには、ヒエラルキーの上位者をどう取り込むか(ヒエラルキーの下の方を相手にしても仕方がない)が課題となり、共認統合力と言えば聞こえがいいが、実態は抱き込み能力ということになる。そのための方法論が、利益誘導(アメとムチ)による懐柔法=騙しと脅しである。

○現在、私権体制が崩壊過程に入っているのは、私権体制の構造的欠陥があるからである。

私権時代の統合原理=力の序列原理では、支配する者と支配される者に分かれる。ここに原理的矛盾がある。誰しもが支配するのは好きでも、支配されるのは嫌である。従って、支配される者は心底から支配を認めているわけではない。こうして、面従腹背が必然的に発生する。

私権の強制圧力が強い時代でも、私権圧力が社会の隅々にまで浸透することはなく、圧力が働かない隙間の自由空間が存在する。自由空間では自我発の自己正当化・他者否定が蔓延ることになる。元々から面従腹背で腹の底から支配を認めていない上に、自己正当化と他者否定の温床空間では、都合の悪いことは隠蔽、誤魔化し、言い訳に終始する。これが私権体制の原理的矛盾・欠陥である。

それでも私権圧力が強い時代は、家父長に対して妻子が日常的に言い訳を繰り返すことは許されず、自我は一定封鎖されていた。ところが現代起こっているのは、社会全体において私権の強制圧力が衰弱したことによって、末端だけでなく、社会の至る所で隠蔽、誤魔化し、言い訳が横行している。

こうして、ほとんどの企業で言い訳・誤魔化しが横行し、私権企業は危機に瀕している。しかし、私権圧力の衰弱という原理的な問題が原因なので私権企業には打つ手がない。こうして今後10年に亙って私権体制の崩壊⇒秩序崩壊の予感が顕在化してゆくことになる。

私権のヒエラルキーによる上からの圧力では末端まで行き渡らないので自我が蔓延る。これが面従腹背⇒言い訳・誤魔化しが蔓延る根本構造である。この構造を断ち切るには、下からの共認圧力の形成しかない。下からの共認圧力によって言い訳・誤魔化しを許さない。これができた企業が勝ち残ることができる。(私権時代は上からの圧力、共認時代は下からの圧力。力の構造が全く違っているのも、私権時代と共認時代の違いである。)

必要とされる力の中身が、私権発の利益誘導からみんな発の共認形成力に変わった以上、これまでは私権弱者であっても、本気でみんな発に転換しようと思えば、共認形成力を身につけて成果を上げていくことが可能なはずである。

ところが、2010年代は自分発からみんな発への転換期であるが故に、誰しもが古い私権体質・自分体質を残存させている。本気でみんな発に転換しようとすれば、他人捨象や隠蔽、誤魔化し、言い訳などできないはずであり、それが見られるのは転換できていない証拠である。

○転換するためには何が必要か?
ダメ圧や説教では転換しない。否定ではダメ。「どうする?」思考によって答えを出す、そういうスタンスが求められている。そのためには、私権時代固有の否定の空気(隙あらば相手を倒して利益を得る)から肯定へと空気を転換する必要がある。そのためには、女の充足性・肯定性が基盤となる。女たちから男たちへの期待発信によって男たちの活力を引き出す。女たちのプラス評価発信によって、女たちの充足が男にとって最大の充足体験・成功体験となっていく。こうして、肯定視に基づく充足空間ができれば、下からの共認圧力形成が可能になり、隠蔽、誤魔化し、言い訳が封鎖できる。

この肯定視に基づく充足空間の形成が土台であるが、ここまでは主に共認機能の次元であり、観念はあまり使わない。しかし、これから10年間の過渡期においては、私権圧力に代わる充足活力を生み出すことができれば、それだけで十分勝っていける。何であれ活力を生み出せたものが勝ちだからである。この土台をどう固めるかが、今後10年間の最も重要な課題であり、今日扱う観念力という問題は、その先にある課題なのである。
 
List
  この記事は 229292 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_231033
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
276131 いつの時代も求められるのは共認統合力。その違いを理解するば、今必要な能力も見えてくる。 吉田達乃鯉 13/05/23 PM07
262168 答えを出す力ってどうやって身につくの? 〜「書いて覚えろ」の落とし穴〜 西知子 12/03/14 AM10
260129 今や大多数の人々は『お金』よりも『共認充足』を求めている 山上勝義 12/01/02 PM10
258686 充足空間作ったら勝てるって、こういうこと☆ 月あかり 11/11/15 PM05
“従業員にとっての働きがい”を実現したStory?(株)東京海上日動システムズ『この会社を変えていきたい』20・30代の社員の想いが会社を変えた〜 「これからは探求の時代」 10/12/09 PM03
235150 7月19日サロンでの気づき ノン 10/07/24 PM06
'10年代は、活力があれば勝てる!活力を生み出す場づくりとは? 〜自分発からみんな発への転換。その鍵は女性の充足性にあり〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 10/07/24 PM05
'10年代は、活力があれば勝てる!活力を生み出す場づくりとは? 〜今、成功を収めている企業とその共通項〜 「路上で世直し なんで屋【関西】」 10/07/24 AM03
233235 【図解】4/29なんでや劇場レポート「観念力とは何か?」(1) 観念力の前提条件⇒肯定視の充足空間 パンダマン 10/06/15 AM02
233210 共認統合力をみんなでつくってゆく わっと 10/06/14 PM06
232002 新しい認識って、充足活力加速させる装置なのかも☆ 樫村志穂美 10/05/21 PM01
231669 【板書】活力ある職場にするには? 山澤貴志 10/05/15 AM08
231479 「言葉を噛み砕いて理解してもらおう!」という発想が、真っ当な観念を遠ざける。 (´・∀・`)へー 10/05/11 AM01
4/29なんでや劇場レポート「観念力とは何か?」(1)観念力の前提条件⇒肯定視の充足空間 「これからは探求の時代」 10/05/09 PM04
231345 仲間第一⇒充足基調の現在、弱私権派の集まりでは、みんな発の共認統合力が場を制す!! 酒井俊弘 10/05/08 PM03
231322 男女の役割を生かした場づくりで、成果は上がる 池田有希 10/05/08 AM01
231183 自他両面に肯定視が必要 匿名希望 10/05/05 PM04
231044 4/29なんでや劇場レポート「観念力とは何か?」(2) 観念回路を形成するのは反復千回 匿名希望 10/05/02 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp