法曹・官憲・役人こそ、社会閉塞の黒幕
230894 検察審査会や裁判員制度は全く必要無い〜国民(素人)が覚醒されうる土壌
 
猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 10/04/29 PM10 【印刷用へ
『小沢氏は死なない。 守るのも敵を倒すのも覚醒された国民の使命である』(ライジング・サン(甦る日本))リンクより転載します。
----------------------------------------------------------------
本日、小沢氏に「起訴相当」の議決が検察審査会によって議決された。くじ引きで決まったド素人審査員たちが決めたようだ。東大法学部や京大法学部などを出た法律のプロフェッショナルが1年以上掛かった捜査や、でっち上げ取り調べを行った結果が不起訴だったのである。

TVでは「市民感情が。。。」などと言っていたが、日本は法治国家であり素人が個人的な感情だけで有罪や起訴相当などの判断ができるなら、検察や裁判官など最初から要らないのである。それも検察だけの資料による説明を受けるだけであり、公正に審査するならば小沢氏側の弁護士の説明をも聞かなければ、ド素人で法律の解釈もロクにできない者たちは簡単に検察有利の感情にもっていけるのは簡単だ。

この検察審査会の流れは最初からこうなると仕組まれているような動きだった。JR西日本の件や明石市の警察署長の起訴相当、鳩山首相不起訴相当と、ここにきて連続して検察審査会を全面に出して結論を出してくるところがワザとらしくミエミエの作戦なのだ。検察やマスゴミはこれから何も手を打てなければ、参院選後に政権や民主党に断罪される可能性が高い上に、自分たちが出した結果以上の起訴できる証拠も無いがために、あえて「市民」という名を利用して「市民の意見は正しい」「市民の目線でそう言われたら」という「偽装市民の目線」を大義名分として、TVや新聞しか情報源としないB層(簡単に言えばマスゴミ崇拝国民)に、「でっち上げを正当化させる」洗脳を行っているのである。

検察審査会や裁判員制度は全く必要がない。別にこれが小沢氏や鳩山氏の事だからというわけではなく、全ての事項において不必要という事だ。またTVや新聞は全く公正中立な報道をしておらず、毎日なんでもかんでも民主党や鳩山氏、小沢氏へのネガキャンばかりであり、この状態で頭の悪いド素人が検察の資料だけ見せられて、説明の内容も悪い方向でやられたら「起訴したほうがいいんじゃない?」と法律も中身も無視して感情だけでそうなるのは簡単だ。公正にやるならば先ほども言ったように、小沢氏側の説明も同時に聞いて感情は一切入れずに会計学などの説明もしてやらせるべきなのだ。

単純にざっと考えただけでも政治資金規正法、会計学、刑法などの法律が、わずか2カ月あまりで頭に入るわけがない。もしこのまま検察審査会や裁判員制度が続くならば、裁判官・検察・警察という職は日本から無くし、これからは全てド素人が感情だけで判断すれば良いのではないか。  
裁判官・検察官・警察官は即刻失業し、加えて税金の節約にもなり良いかも知れない。

そしてド素人が今までの彼らの悪行を適当な証拠と証言と感情だけで起訴し、刑務所に送れるのも現実となるだろう。

おそらく小沢氏はこの議決も想定内だとも思われるし、各方面の情報の推移を見ながら今後も何かあれば書くことにする。

我々がまずやることは、やけっぱちにならないで冷静にかつドギツク情報や意見を拡散し、未だ目の醒めぬ国民を覚醒させること。

 〜後略〜
----------------------------------------------------------------
 
List
  この記事は 230716 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_230894
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
235807 クジ引きなんて大嘘!〜検察審査会の5人の審査員は検察官や裁判官によって選ばれる! 猛獣王S 10/08/07 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp