古代市場と近代市場
230090 戦国時代の制覇力は経済力か?〜楽市楽座より〜
 
村田頼哉 ( 38 高知 企画 ) 10/04/15 AM00 【印刷用へ
特定の者が仕事を独占する時代から、誰でも仕事を請け負うことができる時代への転換、商業の転換点として楽市楽座が挙げられます。
楽市では市場税がとられず、市座による専売座席が廃止され、商人が自由に商取引できるようになったと言うのが一般的な見方です。

楽市の本当の狙いはどこになったのでしょうか?

戦国大名の政策以前から楽市は存在しており、社会慣行として権力の介入を排除し、自由に市が行われる空間が存在したようで、そのような市には多くの商人や職人が集まり、その市がある場所が栄えていた事実があるようです。

しかし、一般的には、中世の商業と流通は「座」や「株」といった同業者組合によって独占されていました。
座に属してはじめて正式な職人や商人として社会的に認められており、市についてもの同様で、市座に属しているものが集まるのが一般的でした。そして、この職業保証のために座人は座役を払っていました。


〜・以下、戦闘教師「ケン」 激闘永田町編(リンク)より引用・〜
平安期には朝廷や公家がこの権益を保護しており、その後は寺社が権益を保持するようになって、強大な既得権益と化していました。
中世日本の権力構造は、朝廷が名目的権威、武家が武力、寺社が経済力という形に分散していたのです。

戦国時代後期になると、大名家と寺社の対立が先鋭化する。室町期に農業生産が飛躍的に向上し、他の商工業製品の流通量も増大、中国から輸入した貨幣が出回るようになると、農業製品の価格が相対的に下がり、寺社の有する商業権益の価値が急上昇した。
結果、武士の権威は相対的に下がり、寺社の発言力や権力が大きくなった。そのため、武家が絶対権力を確立するには、寺社との戦争は避けて通れなかった。

長い戦国期を通じて、武具も発展したが、質の高い武具を揃えるには経済力が必要であるが、農業生産に頼っていた旧来の戦国大名には、十分な収入がなかった。
特に鉄砲が普及し始めると、当初その価格は馬よりも高かったらしく、ますます経済力の優劣が戦争の勝敗を決定づけるようになっていった。
戦国大名が独自の財源を確保するためには、「座」や「株」を廃し、寺社から経済権益を奪わねばならない。そのことにまず気づいたのは、斎藤道三と松永久秀らだった。

〜・引用終わり・〜

戦国大名たちは、自社の持つ経済力=既得権益を奪って、自らの城下町に商人や職人を誘致し、領国の経済力を高めるとともに、他の戦国大名との略奪戦争に備えて大問屋を掌握し、様々な物資の調達が可能になるように楽市楽座を行ったということになります。
戦国時代とは言え、制覇力としては経済力が武力を上回っていたのではないでしょうか。
 
List
  この記事は 229258 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_230090
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
330015 既存の市場システムを破棄させる事を目的とした楽市楽座の制 日出・真田十勇士 17/09/29 AM02
330012 織田信長にみるオープンイノベーションの事例:従来の考え方にとらわれない柔軟な思考 日出・真田十勇士 17/09/29 AM01
日本の帝王学〜各時代における支配者層の教育とは?〜 4、戦国大名による領国統治の実際 「縄文と古代文明を探求しよう!」 14/02/13 AM00
【戦国時代の権力需要と市場】 〜鉄砲伝来の背後にいた勢力〜 「金貸しは、国家を相手に金を貸す」 12/04/26 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp