古代市場と近代市場
224789 封建制が近代市場社会を生んだ3(商業権力を制御した江戸システムの可能性)
 
山澤貴志 ( 44 鹿児島 ITコンサル ) 10/01/21 PM08 【印刷用へ
勿論、中国やペルシャにおいても地方の反乱とそれによる帝国の崩壊はたびたび起きている。それによって、中国にも封建時代はあったというような言い方はできなくもない。しかし、ヨーロッパと日本における官僚制の発達の遅れ、そして市場経済の発展という共通項を考えると、封建制度を欧州と日本に固有な特徴とみなすことは可能であろう。

しかし、「封建制だった欧州と日本が近代市場社会化に成功した」のだとしても、それは何故なのか。叩き台は、60年代に駐日大使をつとめたライシャワーの以下の見解であろう。

>ライシャワーは“封建制の経験が近代化に資する理由”を次のように挙げました
>@ 専制制度に比べると封建制度のしたでは、法律的な権利と義務が重視されていたので、近代の法概念に適応するような社会の発達がいくらか助長された
>A 封建領主は、土地の所有と地租の徴収に専念していたので、商人と製造業者は専制政治の下に於けるよりも、大幅の活動範囲と保障を得ることが出来たらしい
>B 領主(武士)階級以外は政治権力から除外されていたので、身分志向的な倫理観よりも、目的思考的倫理観が助長された

リンク 

遠まわしなライシャワーの発言をもっと単刀直入に言い換えれば
@ 王政権力を相対化しうる権利概念が発達していたこと
A 中央集権=官僚よりも商工業者たちの活躍の幅が広かったこと
B 序列よりも金儲けをよしとする目的合理主義的精神風土ができあがったこと
ということだろう。

確かに、Aは妥当性が高い。欧州も日本も王よりも地方に割拠する諸侯、武士集団の力が強く、王政権力の絶対性は低かった。それ故に、金貸したちが取り入る先が多くあり、諸侯同士の戦争を煽って、金貸しが幅を利かせやすかったというのは事実であろう。

しかし、日本近世において@Bはあまり当てはまらないように思われる。しかもAについても、織田信長の時代や初期江戸幕府は商工業者を優遇したことが認められるが、後期になるとかなり制限を加えていく。(徳政令は国家権力が商業権力をコントロールしていた証ではないか。その意味で、江戸幕府は武士の反乱をも押えつつ、他方で商業権力の暴走をも食い止めるという、強権的ではないが中央集権的な極めて高度な統治システムを実現していたといえるのかもしれない)そして明治政府以降の動きは金貸しの暗躍を認めた面があるとはいえ、国家官僚主導で日本経済は伸張していった。

言い換えれば、中国(清朝)では官僚制度は市場拡大の妨げになったが、日本では市場拡大に貢献したのだ。このような矛盾はヨーロッパでも起きている。

>フランスやドイツでは、ブルジョアジーは商人資本主義的であった。彼らは現状で得られる利益に固執し、産業資本主義的な改革には向かわない。では、誰があえて改革を追及するのか。一方では、「国家」である。「国家」は、圧倒的な工業によってヘゲモニーを握ったイギリスに対して切歯扼腕していた。そして、他方では、社会主義者である。なぜなら、イギリスの産業資本はフランスのマニュファクチュアを圧迫し、プロレタリアを苦境に追いやっていたからである。社会主義者こそが産業の発展を唱えなければならない。言うまでもなく、サン・シモン主義がそれである

リンク (柄谷行人AT2005年1月号)

つまり、一度、商業権力によって近代市場が開かれると、それに対抗するために、国家も社会主義者も「科学技術」による産業振興へと舵を切り、それが市場拡大に拍車をかけることになったという訳である。

まとめると中央集権でなく封建制だったから商業資本が暗躍できる可能性がたかまり、近代市場の基盤がつくられたのではないか。そして、その上に国家統制型の市場経済を作り出していったのが江戸以降の日本なのではないか。

日本は市場経済の発展形を世界に示しうる可能性を持っているのではないだろうか?
 
List
  この記事は 224788 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_224789
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
236167 江戸時代の経済(3) 匿名希望 10/08/13 PM11
236165 江戸時代の経済(2) 匿名希望 10/08/13 PM10
236163 江戸時代の経済(1) 匿名希望 10/08/13 PM10
新シリーズ「ポスト近代市場の可能性を日本史に探る」をはじめます 「縄文と古代文明を探求しよう!」 10/02/06 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp