学者とマスコミはグルで頭脳支配
223938 計測するとはなに?→市場化の促進戦略
 
志水満 ( 53 東京 会社員 ) 10/01/10 PM09 【印刷用へ
・改正省エネ法においては、消費エネルギーの見える化(計測すること)が重要になっている。
事務所ビルだとテナントのエネルギー消費量とビルオーナー側のエネルギー消費量を計測することが重要となる。
細かく計測することで省エネ管理ができるようになる。したがって限りなく計測機器が必要になる。
計測するとはそもそもどういうことなのか?
◇その歴史をひもとくと・・・・・・・
そもそも計測器は税金を正確に徴収するために作られてきた。
古くは【租庸調】という税制から計測基準を決める必要があった。
唐の均田法下の税制。土地を給与された丁男(21〜59歳)に対して課した現物税。租は粟2石、庸はもと年20日間の力役が1日につき絹3尺に換算されたもの、調は土産の絹2丈と綿3両、または麻布2.5丈と麻3斤。のち両税法がこれに代わった。日本でも大化改新以降に同様のものを制定。

以下1993年(平成5年)の新計量法施行に至る我が国の計量制度の歴史は次のとおりである。リンク

・701年(大宝元年)唐の度量衡制度を手本とした大宝律令の制定
 1寸=10分 1尺=10寸 1丈=10尺 など
・1594年(文禄 3年)豊臣秀吉による米納貢租制度確立のため太閤検地
 検地尺 検地枡 土地面積の単位(段、歩)の整備
・1891年(明治24年)計量制度として度量衡法制定
 メートル原器、キログラム原器を基礎とした標準を統一し、尺貫法ととも にメートル法を公認
 営業に用いられる計量器は、国による検定対象、その製造・販売の免許制 が施行
・1921年(大正10年)メートル法への度量衡法改正
 度量はメートル、衡はキログラムとするメートル法に統一することを規定
・1951年(昭和26年)計量法公布
 計量単位の拡大とメートル法統一の推進
・1952年(昭和27年)計量法施行
・1959年(昭和34年)商取引が尺貫法からメートル法に統一
・1966年(昭和41年)土地・建物の取引がメートル法に統一され、メートル 法への完全移行
・1966年(昭和41年)計量法改正
 電気測定法の計量法への統合、計量器製造・修理事業の許可制から登録  制、型式承認制度の導入
・1992年(平成 4年)新計量法公布
 計量単位の国際単位系(SI単位)への統一、計量器検定に関する規制の合 理化、計量標準供給制度
 証明用計器にも計器検定の義務と検定有効期限が法制化
・1993年(平成 5年)新計量法施行
・1999年(平成11年)10月から計量単位の国際単位系(SI単位)への全面移行

◇特に1960年代中頃にトレーサビリティがアメリカから紹介され、民間、国において計測標準に従事している人達にその思想が急速に普及し、いくつかの委員会で熱心な議論が行われた。諸般の事情によりその活動は急速に弱まったが、トレーサビリティを明確にすべしという声は止むことがなかった。トレーサビリティに法律は似合わないという意見もあったが、国に義務を課すという意味も含め、計量法に取り入れられた。「計量法による計量標準供給制度」などと呼ばれている。(リンク

・JIS規格によると、トレーサビリティ(traceability)とは、「標準器または計測器が、より高位の測定標準によって次々と校正され、国
家標準・国際標準につながる経路が確立されていること」となっている。

計測するとは、科学技術の計測という意味では「科学技術教育」への貢献はもちろんある。だが、元々の意図は公正な取引という名の下の国家基準化・国際基準化という市場化の促進戦略だろう。
 
List
  この記事は 223237 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_223938
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp