人類の起源と人類の拡散
222668 「農業の起源」の諸説
 
衛藤信義 ( 40代 東京 エンジニア ) 09/12/25 PM01 【印刷用へ
20世紀60年代より、国際学界は、農業の起源は発明とか一つの激しい事件ではなく、それは悠久の過程で形成されてきたとの認識に至り、そして研究のテーマは最早期の馴化された植物種子の探索を開始し、狩猟採集経済が糧食生産に転換した原因と原動力のメカニズムは何かに議論は移ってきた。このテーマの転換に伴い、人口圧力、競争饗宴、社会構造等の多くの学説が現れ、農業起源研究を更に深い段階に推進した。目下、国際学界上比較的重要な農業起源理論は以下のいくつかである。

●人口圧力理論:
この理論は最も早く、米国の考古学者ポサロフによって提案された。
農業の起源は人口増加への反応と認識し、それは人口圧力下における強力な労働力投入の結果である。
また、米国の学者リーティンは、ある地域で人口/資源のバランスを失ったとき、一般的には外に向かっての移民が最小の選択の代価であると指摘する。人口が近辺と接近し外に向かっての移民が十分に困難なときに、人々は以前利用していなかった資源を利用せざるを得なくなった。この種の変転は多様な食餌方式と多用な食譜の形成を促し、各種新技術と資源の貯蔵技術を開発応用を促し糧食の短期的な欠乏の圧力を必ず回避する。そして農業はこの種の条件の下で発展してきたと考える。また、彼は、もし人口圧力と資源の短期的な欠乏が無ければ馴養動植物の行為は完全に時間の浪費と精力の無駄になると認識する。

●競争饗宴理論:
この理論はカナダのハイトが提出した人口圧力論と相違する理論で、農業は多分に資源が豊富で且つ比較的近隣の地域に供給する事が可能ことが起源であると考える。
これらの地区の社会構造は経済的に裕福で、相対的に複雑であり、そして支配的人物が十分な労働力を利用しコントロールすることで、主要な穀物動物を馴養することでやっと饗宴用の種(しゅ)とすることができる。それらの種は労働力の投入が比較的高いが、或は一種の美食或は醸酒とすることができた。したがって、それらはただ複雑化する過程にある比較的高度な社会でのみ生産しうる。
ハイトはまた、農業開始の所期には動植物の栽培と馴化の過程においてはその数量は限られ生産量は不安定であるので、その当時の人類の食譜中で大きな比重を占める事は不可能であり、またある種の馴化植物は飢餓を補う事と無関係の非主食品種である事から、それらはただ食物資源が比較的充足されている条件においてのみ、美食の種類を増やすために、支配的人物が饗宴に利用する目的で労働力を利用コントロールしてきたと考える。それは即ち忠誠と資源の関係。

●富裕採集文化理論:
これはハイトの理論モデルと少し似ており、米国の考古学者ソニーが50年代に“富裕採集文化理論”として提出した。
彼は、農業の機嫌は決して食物の逐次あるいは長期的減少が原因ではなく、自然条件は非常に豊僥な環境において発生すると考えた。その論点は、飢餓の影響下にある人々は緩慢で時間の掛かる実験を段取りする方法を持たず時間的余裕も無い。植物品種を改良して人類が利用する方式を選択しうるのは、ただ飢餓のバランス上で、相当大きな余暇が生活する群衆にできたときにやっと実施できる。
ソニーは東南アジア地区は農業の起源において一つの理想的な地区であると考える。競争饗宴理論との違いは、富裕採集文化論は衣食に困らない集団が農業に従事するその種の時間と労働力を多く割くことができないとは解釈していないが、その事が多分に労働力に引きあらないのではと考えている。それゆえ、前述の饗宴理論は、一種の補充と考えている事である。

●社会構造変遷理論:
この理論は農業経済生産における社会基盤を重要視し、農業起源の要因は社会性であると考える。
少数の群体が資源の消費を拡大してその他の群体を制御する事を企て、糧食生産の拡大を刺激した。社会の日増しに膨張する複雑化に伴い、簡単に社会で更に多くの需要が出現する。権力と個人の財富の追及も、少人数での生産拡大の願望を促進する。特に日増しに顕著に分化する社会において促進する。原始社会においてこの種の増大する需要は余剰産品を生産する主要な原動力となる。


引用:リンク
 
List
  この記事は 5402 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_222668
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp