現代意識潮流を探る
217732 女原理の凄さ!! 女原理に感謝!!
 
たっぴ ( 34 京都 会社員 ) 09/10/21 AM00 【印刷用へ
◆女原理の凄さ!!
この間の女原理の大転換の早さに正直戸惑いを感じながらも、その可能性に大いに惹かれています。女の子の、可能性を感じ取り、その可能性に収束するスピードがめちゃめちゃ速くて感度がいい事に驚かされます。

例えば、
『どうしたらお互いに元気を与えられるか知ろうとすれば、いい男いい女が増える♪』(216761)⇒(217340)⇒(217470
のやりとりなんかもそう!

今はまだ男側がワンテンポ遅れてしまうようなところが有りますが、身にしみて女原理ってこういうことなんだって気が付き始めた次第です。

最近のるいネットの自主管理の招待(211321)、男女の役割共認の話を介した意見の往来が、ぴったし自身の意識と合致し始めています。

今迄、男女関係は男がきっちりと一辺倒に仕事(闘争課題)に向かって行きさえすれば・・・、或いは闘っている姿をみせさえすれば・・・、それで女は充足できる筈だと思っていた(女は黙っていてもついてくるもの的な男原理側からの考え)。しかしながら、それはもう古いのだいうことを気付かされました。  (ノ°ο°)ノ オオオオ

るいネット内での女の子の発信もそうですが、女の子が即座に感じ取る可能性(感受性)は、ほんとにスゴイ。

まさしく、女の子を羅針盤にして、自らの感情を掻き立てさせられ、
自らも同じ心境になるといった感じです。

「なるほどぉ、確かに、自分の思考を超えた相手の可能性に同化してみると確かにそうやなぁ〜。」といった具合に、客観的かつ具体的に実現思考が作動する感覚が芽生えるという充足体験を得られます。

◆女原理に感謝!!
男と女の役割は相互に絡み合って初めて活力あるものとなるんだということを、るいネットの「生活板」や、男と女のナイショ話(リンク)内での女の子達の発信内容が、「心に響いている」感じです。

これらのサイト内で取上げられている発信内容は、
女原理を学ぶのに凄くよかったです。

また、いい女のヒントが満載されていて、『男と女のナイショ話』の記事の元になったエピソードも盛りだくさんの感トレノート(215310)を初めとした以下の要因が大きいのだと思います。

1.男は外識機能 女は内識機能 に特化している。
2.男はまかされて成長する 女はほめられて充足する。(217165
3.男と女は一体であり、どちらか一辺倒でも成果はでにくい。
                          (210649
特に、女の子をほめるのが苦手なタイプだからかもしれませんが。
1年前には想像も出来なかった祭り場が、今始まりつつある可能性を感じます。

とにかく『全ての女原理に感謝!♪』です。

また、るいネットの内容も『俺にもわかる。わかるぞー!』と発奮する内容が特に最近多くなってきた。社会が劇的に動いている感じを受信することができ、ますます楽しい。

集団をどうするとか、活力ある会社をつくるには、成果を出すには?
など全て、自身も悩んでいた内容がつぎつぎと発信されている。

全身全霊をかけて闘いたいという意志が、
メラメラと沸いてきた今日この頃。  ヽ(`⌒´メ)ノ

☆最前線で闘っている男達同様に、皆の期待がいっぱい集まるような
 闘う男になりたいと思います。    
 
List
  この記事は 215731 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_217732
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
女の充足を語れたその理由は・・・☆ 「女の職場話」 10/05/09 PM09
219852 「女の充足」そのものが男の自信になっている 三輪歩未 09/11/17 AM00
217753 素直な男の人の発信に ☆感謝☆ ふぇりちゃん 09/10/21 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp