日本を守るのに、右も左もない
216610 中川昭一は、なぜ殺されたのか? 亀井に対する「脅し」では?
 
案内人 ( 闇 に 光を照らす ) 09/10/06 PM09 【印刷用へ
中川昭一の死因は、はっきりしないということもあり「急性心筋梗塞」ということで落ち着きそうだ。これにより、田中角栄、金丸信、小渕恵三は脳梗塞で、橋本龍太郎は心筋梗塞で葬り去られたことになる。(清和会の総裁・派閥領袖クラスはことごとく天寿をまっとう、もしくは健在。)

6月にイタリアで起きた13兆円事件との関連(D.ロックフェラー→小泉への資金を奪おうとしたのか?)から暗殺されたと見る向きもあるが、今さら彼を殺しても、13兆円は返ってこない。

そもそも、”国会議員”でも無くなり実質的な力を失った中川昭一を、この時期に殺害する必然はないはずである。

では、なぜ、殺されたのか?

中川昭一殺害に直接的な意味があるわけではなく、「誰か」への脅しとして使われたということになる。この時の脅しの「メッセージ」は、米国債の買取りを拒否しようとしていた中川(加えて、中川一郎時代からソ連との繋がりが強い)であることから見て、「アメリカに逆らうな」というメッセージであろう。

デビッドと戦争屋が脅したい相手は、新政権の中の国益派だが、中川暗殺が「脅し」として通用する相手は、誰か?
小沢一郎はロスチャイルド系、鳩山由紀夫はフリーメーソンを通じて欧州貴族というバックが存在する。戦争屋は、小沢・鳩山を脅したいのだろうが、戦争屋に対抗する強力なバックを持つ小沢・鳩山にはあまり効果のある脅しにはならないだろう。

ずばり、この「脅し」の対象は、亀井静香である。考えてみれば、国民新党系にはアメリカやヨーロッパに繋がるバックは見当たらない。それが分かっているからこそ、亀井は『亀井静香がCIAに暗殺でもされない限り、日本が米国に従属することはない!』とつい最近になって再び発言し始め、アメリカ(≒CIA)への牽制を始めたと考えられる。

中川暗殺という「脅し」が亀井に対して効果があれば、郵政民営化凍結が暗礁に乗り上げる可能性がある。注目すべきは、亀井静香が言葉通り「命を掛けて」郵政民営化見直しをする覚悟があるか否かである。

ここは、みんなの力を結集して、亀井を支えるべき時なのではないか。
 
List
  この記事は 216440 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_216610
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
281764 中川昭一元財務大臣 死の深層。日本は現金自動支払機ではないとホワイトハウスに猛抗議していた。 きっちょむ 13/10/01 AM09
221177 CIAが鳩山暗殺予定 09/12/04 AM01
「記者クラブ」は有名無実となるか?亀井氏はツッぱれる? 「にほん民族解放戦線^o^」 09/10/15 PM01
217184 中川昭一は13兆円事件に深く関わっていた Mr.Crowley 09/10/14 PM05
中川昭一は、なぜ殺されたのか? 「ブログ de なんで屋 @東京」 09/10/14 PM03
217109 中川昭一がなぜ殺されたのかわかりました^^ 匿名希望 09/10/13 PM01
中川昭一の暗殺は、亀井静香に対する「脅し」!? 「日本を守るのに右も左もない」 09/10/12 AM01
216980 中川昭一暗殺は、亀井静香への闇の案内状 たっぴ 09/10/11 PM02
216958 RE>中川昭一は、なぜ殺されたのか? 亀井に対する「脅し」では? 匿名希望 09/10/11 AM02
216913 鳩山政権は本気で戦争屋に宣戦布告か!? 復讐の叫び 09/10/10 PM05
アメリカ:闇の支配構造と掠奪戦争〜「世界中を巨大市場化していく略奪集団とは?」 「日本を守るのに右も左もない」 09/10/10 PM04
216892 郵政民営化凍結と民主党の今後を占う上での仮説 匿名希望 09/10/10 AM09
216838 亀井大臣の政策実行力こそ本物の政治だ!! 猛獣王S 09/10/09 PM08
「記者クラブ」は有名無実となるか?亀井氏はツッぱれる? 「にほん民族解放戦線^o^」 09/10/09 AM02
頑張れ、亀井! 日本の民意がついているぞ! 「日本を守るのに右も左もない」 09/10/08 AM01
216705 中川昭一の死亡はCIAによる謀殺、次は小沢一郎の暗殺を計画 たつまき 09/10/08 AM00
216691 小泉改革時代の政策弊害に切り込む! 匿名希望☆ 09/10/07 PM09

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp