共同体社会の実現
216508 批判→「不必要」から、「必要」な事を見つけていく時代に転換。
 
田村正道 ( 47 京都 建築士 ) 09/10/05 PM01 【印刷用へ
>この様にして、『判断の土俵』を基礎とし、『人数』を評価指標とする新しい演場の中に、国家(身分)も市場(お金)も呑み込まれ、解体され、再統合されてゆくことになる。(33995)「超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく」

この記事が書かれてから数年の間、国家と市場の解体・再統合は現実のものとして進行している。

日本ではバブル以降、贅沢庁舎や無駄な公共工事が真っ先に批判の槍玉に上げられ、次いで高級品を中心に物販店が低迷し、一等地の店舗であっても高単価品の売り上げ競争から人集めができるかどうかが生き残りの分かれ目になっている。
自動車やレジャー需要全般は、高級品から安くて仲間で遊べる程度のものに転換した。こういった事例は枚挙に暇がない。
物財だけではない。かつてマスコミは、マスコミ間の競争状態であったのが、いまやマスコミ全体が大衆に見放されつつあるし、(現在は制度で守られているが)学校も大衆に見放されつつある。

これら「必要ではない」と判断されたものにはいくつかの共通項があるが、これらは市場社会の中核的な存在である事は間違いない。そして、08年のアメリカ経済破綻と、09年に自民党政治が見限られた事で、国家と市場の解体・再統合は更に加速していくに違いない。

一方で「これは必要!」というものも徐々に顕在化してきた。
例えば農業や介護は、誰もが絶対に必要なものと考えている。
実際の就業人口は少ないのは「儲からない」ので市場に乗らなかったからであり、政策次第では如何様にも供給者を増やす事ができると思われる。

また、マスコミに替ってネットの記事を読むことが多くなった。最近は必要な情報は殆どネットから得ている。また、読むばかりではなく、記事を書いたり、やりとりをはじめると新しい場がどんどん出来上がっていく。

「不必要」なものが、まず意識されて顕在化してきたが、それだけでは片手落ちで、これからは「これが必要!」というものを(潜在意識から)見つけていく事がますます重要になってくると思われる。
 
List
  この記事は 33995 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_216508
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp