日本人と縄文体質
216269 『邪馬台国論争・終結宣言』 改訂版 の案内
 
たっぴ ( 34 京都 会社員 ) 09/10/02 AM08 【印刷用へ
昨年度の夏にるいネット内(183720)でも紹介した
『邪馬台国論争・終結宣言』の著者、山形明郷氏が
2009年4月20日、肺ガンにてご逝去なされていました。
深く哀悼の意を表し謹んでご冥福をお祈り申し上げます。
享年72歳。

以下、HPリンクより

先生は、かねてより従来の研究テーマを、より多くの読者により【平易
でより一般的な文体】にてアップデートするため、推敲に推敲を重ねてお
られました。昨年秋に、漢字数を極力少なくしてワープロにて打ち直す
よう命じられ、その後、ようやく校正が済んだ段階で、先生は突然体調
を崩されました。


山形先生の遺稿となりました上記ワープロ原稿の書籍としての
出版につきましては諸状勢を勘案せねばならず少々先になりそうです。

『邪馬台国論争・終結宣言』改訂版
古代北東アジア史の再考察を迫る
『虚構史観を衝く』

     古代北東アジア史┐
                 定説の誤謬、訂正は必至!
     古代日本史 ──┘

     ◆ 古代朝鮮・楽浪・帯方は旧満州の地!
     ◆ 倭・倭国とは現韓半島の在地現住勢力!
     ◆ 卑弥呼は日本人に非ず、倭人か中国人!
     ◆ 高句麗の丸都山城は吉林省板石鎮!
     ◆ 百済国とは南満・北鮮の地なり!

「A4 ワープロ原稿 プリントアウト」
両面印刷(本文348ページ)@2380+送料500計¥2880を
ご希望の方に郵送承ります。以下のメールにて申し込み可能。
takao-3@mte.biglobe.ne.jp

==============================================================
■るいネット内の要約

【要約】『邪馬台国論争終結宣言』山形明郷著
 〜@古朝鮮はどこにあったか?     ⇒184402
 (上記リンク先投稿から、シリーズ@〜D有り)
 (上記投稿内TBの「縄文と古代文明を探求しよう!」も参考になる。)
==============================================================

●『邪馬台国論争終結宣言―考証 史説の虚構性を衝く (単行本)
  山形 明郷 (著) 星雲社 』
 amazon: リンク
同書は現状、絶版状態にあるものと思われます。
サーチした限りオンラインの古本屋さんリンクでは『邪馬台國論争 終結宣言』の入手は不可能に近い。よって、最寄りの図書館で探していただくか、東京・神田の古本屋街などに出向いて探すしかない。
(私は、amazon上の古書を¥3,500で購入した。)

○上記書籍を推奨しているブログ:リンク ⇒ 『同書の書評有り。』
 (表紙・拡大画像の参照に・・・画像をクリックするとポップアップします。)
 
List
  この記事は 183720 ブログ への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_216269
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
216270 倭の大王は百済語で話す! たっぴ 09/10/02 AM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp