日本を守るのに、右も左もない
210770 警察・検察の“捜査上の秘密”が“証言の捏造”の温床になる
 
福島健 ( 36 会社員 ) 09/07/14 PM02 【印刷用へ
ブログ「ジョディーは友達」リンクより引用します。

−−−−−−−−−−−〈引用開始〉−−−−−−−−−−−−−

疑わしきは、被告人の利益


裁判官の質が問われている。
裁判官が独立しているとは、上司や権力の影響を受けないための措置である。しかし実態は、転勤等で不利な扱いを受けないために、国家権力の意向に副った判決をする、ヒラメ判事がいる。足利事件の裁判官とか、高知白バイ衝突死の判事とか、西松建設の小沢秘書の裁判官とかが、そうである。

犯罪の挙証責任は検察にある。警察・検察はその権力を使って証拠を集める。その証拠は、第三者には公開されない。捜査上の秘密と言う訳だ。捜査の秘密性は、警察・検察にとって大変都合がいい。捏造しても分からないからである。巨大な警察権力は、証人の証言も意のままにできる。その証人が、何か警察に弱みを握られていれば、警察の言うことをきくだろう。

裁判官は、盲目的に検察を信用している。女神の天秤は、端から有罪に傾いているのである。捜査権のない弁護側は、捜査能力も警察には及ばない。その上、警察が集めた証拠も検証できない。大変なハンディである。
裁判官はこの実態を踏まえた上で、検察の証拠に嘘はないか。捏造はないか。証人は警察に脅されていないか、などを判断して、疑いがあれば、無罪としなければならない。
疑わしきは罰せず、である。

痴漢の冤罪が多発している。警察は、被害者の申告を鵜呑みにして、容疑者を端から犯人として扱う。だから、自供しなければ、家には帰さないと脅す。人質司法である。警察庁は通達を出したというが、冤罪防止にどれだけ有効になるか?映画「それでも僕はやってない」の現実は、いつも男性の周りにある。確かに痴漢はいる。その真犯人は逮捕しなければならない。当然である。しかし、誤認逮捕は絶対だめである。

足利事件がいい例である。彼の人生を奪った裁判官は、彼にどう謝罪するのか?裁判官の独立は、こんな時のために在るのではない。いい加減な捜査をした警察・検察は、目には目をで、ブタ箱に収監するか?

麻生自公党政権の断末魔は、警察・検察・裁判所を使った無謀なでっちあげを加速している。政治資金規正法は、麻生自公党には適用されない。

与謝野馨、二階俊博、佐藤勉、尾身幸次、森喜朗、森田健作など、国民の目からは、真っ黒に見える。検察は無能か?しかし、野党に対しては、どんどん適用してくる。当に権力の濫用である。国民は、そんな麻生自公党政権を、全く信用していない。

信用されない麻生自公党政権は、権力という暴力を、いつ国民に向けるか分からない。既に始まっているかもしれない。最高裁が植草一秀氏の上告を棄却した。最高裁は麻生自公党権力におもねって、疑わしきは罰せず、の原則を無視したのか。

裁判官は清廉潔白が望ましい。しかし、現実はサラリーマンである。出世や金に魅力を感じないはずは無い。天下りもしたい。という訳で、政官財に有利な判断をする輩も多くいる。

植草一秀氏が、郵政民営化問題を始めとして、政府批判をしていることが、最高裁の判断に現れたのではないか?

警察・検察・裁判所の横暴を止めるのは、主権者である国民の義務である。

−−−−−−−−−−−−−〈引用ここまで〉−−−−−−−−−−
 
List
  この記事は 205507 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_210770
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp