心の本体=共認機能の形成過程
206542 男と女で活力出してきましょう!
 
らんぷ ( 22 一宮 珈琲屋 ) 09/05/14 PM11 【印刷用へ
>「○○さんが、男の人に”すっごく素敵だなぁって想ったからみんなに見て欲しくて♪”って発信していたのを見て、とってもいいな。真似してみよう〜!!って感じたの。」とか。
「△△さんが、わからないことを一生懸命教えてくれたの。だから、とっても喜んだら、△△さんも喜んでくれたの〜♪」とか。
色々な充足の種を教えてもらったので・・・

>早速実践だぁ〜!!!と実践出来たんだと想います。

>実践してみたら、男の人たち。。。

>とっても喜んでくれたんです☆


男って単純です。
女の人に喜んでもらえたら、もっと頑張ろうって想える。
だからこそ、素直な発信が一番嬉しいんです☆


>そんな喜んでる男の人たちを見て、女の子たちも「喜んでくれたぁ〜!嬉>しい〜!!もっと発信しちゃお♪♪」という感じ。
>さらに輪をかけた様に多くの充足発信があり、とっても充足と気づきの多>い場になったんじゃないかなぁと想います(^^)

喜んでくれると嬉しいのは男も女も一緒。
どちらも、「頑張ろう!」とか、「発信しよう♪」って活力が高まっていく。それって凄く活気のある場が生まれる源泉になりますね!


>まさに、こんな感じ!!
>女として嬉しかったことを「ナシ」にしないで、素直に喜ぶ☆
>そしたら、これまで無かったものが、どんどん充足で膨れ上がっていく。

>これ、続けていくとさらに男の人たちも闘ってくれるし、女の子もそんな>姿を見たらもっと充足できますね♪♪

男と女がお互いに充たしあえる関係って、結局のところどれだけ素直になれるかだと思います。喜べるときに喜んで、それを捉えて活力にして、闘っていけるかどうか。それができると、すごく活気が出てくると思います。


そう考えると、男女関係ってみんなの活力を高めるのに不可欠なものだし、充足の基盤になるものだし、本当に素晴らしいなって思いました^^

より良い男女関係のあり方なんかを、もっと追求していきたいですね☆
 
List
  この記事は 206061 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_206542
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
この一言で、こんなに頑張れちゃうんです☆+゚ 「女の職場話」 10/03/15 PM00
227541 個としてのすり合わせを越えた期待かけへ スガイク 10/03/03 PM08
お出迎えのススメ☆.。.:*・° 「女の職場話」 10/01/24 PM10
217691 「カラダ」は素直だ。後は「アタマ」が素直になればいい!! 志水誠 09/10/20 PM04
217679 実現の土台にあるのが、男と女の充たしあい☆ マリー 09/10/20 PM01
私たち、こんなに充たし合っていたんです☆+゚〜充たし合い事例集 「女の職場話」 09/10/19 AM10
課題仲間と、男女関係(*´ -`)(´- `*) 「女の職場話」 09/06/04 PM05
男の子に期待すること☆ 「女の職場話」 09/05/23 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp