心の本体=共認機能の形成過程
19753 共認回路の特殊性
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 02/01/02 AM03 【印刷用へ
共認回路には他の回路と比較した時にいくつかの特殊性がある。

@気配を察する等に見られるように感覚機能(回路)の一種である事。
A同時に欠乏回路でもあること
Bそうであるが故に統合機能をもつ統合回路であること。
(一般に欠乏回路は+−=充足or非充足を判断するという意味で一次的or基底的な統合機能を持っている。)
Cしかし共認機能そのものは感じる(内外の情報をキャッチする)ことだけしかできない。(自分の充足あるいは非充足をもしくは相手の期待や充足を)
Dしかし欠乏回路であるが故に、記憶回路の探索や絞込みの原動力となっている。
ただし、感覚機能の一種であるが故に、共認回路それ自体を使った対象の絞込みも存在する。

他にも外部情報としての共認回路に届く情報は、視聴覚+皮膚感覚が加わっている。これらはいずれも共認回路以前に発達した回路である。あるいは共認に付随する運動回路は身振り手振り、音声、表情などがあるが、いずれも元々存在する運動機能を用いている。従って、探索や絞込みそのものは、おそらく既存の探索回路を用いていると思われる。

実際記憶回路が発達した哺乳類の段階では、主要に探索物質と思われるノルアドレナリン系の回路が発達し、サル以降もドーパミン系(やエンドルフィン系?)とともに並行して発達している。

更に共認欠乏は欠乏回路としても特殊性がある。

一般の欠乏回路は、不足によって欠乏が生じる。つまり充足状態であれば作動しない。しかし共認欠乏は充足状態にあっても、充足可能性があれば反応し欠乏が生じる。
(この点では危機逃避回路も状況が変われば、(ex.敵が現れれば)常に欠乏が生じるという類似性を持つが、共認欠乏ほど恒常的ではない)

これらはおそらく共認回路は元々感覚機能の一種として出発し、その後麻薬性(興奮性)の高い物質を伝達物質として用い作り上げられてきたためであろう。加えて最後の問題は負のフィードバック(オートレセプター)が働かない事に、更に起因する。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_19753
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
233317 共認動物。だから、男も女も、常に充足を追い求める☆ 樫村志穂美 10/06/16 PM10
141133 そこに充足可能性(=相手)がいるから 三浦弘之 06/12/28 AM00
120661 心は単独では成立しない 鈴木康夫 06/06/13 PM10
120444 共認欠乏回路って? 米澤祐介 06/06/13 AM07
104910 気とは共認機能 谷崎俊文 06/01/31 PM10
100681 「共認」可能性の意識 中村朋子 05/11/11 PM01
100677 他者との同化を阻害する要素について 匿名希望 05/11/11 PM01
99930 脳の発達と共認機能の関係は? 匿名希望 05/10/28 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
『生命と場所』より…生命観
遺伝子の共同体
「利己的な遺伝子」を切開する 1
「利己的な遺伝子」を切開する 2
現状の「科学的事実」と言われているものの怪しさ
現在の生物学には何が欠けているのか
怪しげな「検証」と、危なげな「定説」
事実の体系とは永遠に進化しつづけるもの
一面的な実験データやツールとしての定説に囚われていては事実を見誤る
事実追求のスタンス
専門家集団と事実
科学と社会
「科学的事実」というドグマ
近代科学と知の体系、再考
近代科学について
実証主義を超えて2
専門家集団の自己完結性にひきつけて2・・「丸山ワクチン問題」
原爆をつくった星少年たち 2・・「科学者独自の倫理」
科学者集団の特徴A
数量化できない自然
仏教の対象認識 【受想行織】
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
狂気の近代科学技術
原発:近代科学原理主義者たちの産物
なんで、こんなことになってしまったのか?⇒科学者たちの信じられないアホさ加減
素人が創る科学の世界〜プロローグ『科学的認識はすべて仮説、その神格化が創造の壁』
『科学はどこで道を誤ったのか?』(1)プロローグ〜「科学技術は万能」という幻想を打ち砕いた福島原発災害〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(2)古代オリエントの時代〜全てが共認対象として一体であった精霊信仰から精神を上位とし物質を下位とする二元論へ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(5)ルネサンス(14〜16c)〜自然魔術による自然支配観念の萌芽と、「科学」「技術」統合への流れ
『科学はどこで道を誤ったのか?』(7)近代の前夜〜「科学技術による自然の征服」という思想の登場〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(9)近代U〜国家体制に組み込まれ、専門化体制の中で無能化した学者〜
『科学はどこで道を誤ったのか?』(10)〜“科学技術の申し子”が起こした惨劇
『科学はどこで道を誤ったのか?』(11)〜“観念の絶対視”が近代科学技術の根本問題〜
科学はどこで道を誤ったのか?』(13)中世後期〜キリスト教の権威付けのための大学の創設により、神の手先の「神官」から「学者」が登場する〜
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp