共同体社会の実現
193300 ゲゼルの自由貨幣論についての考察
 
雪竹恭一 ( 46 大阪 営業 ) 08/11/26 PM11 【印刷用へ
ゲゼルの自由貨幣論の骨子は、貨幣制度の構造的欠陥である「権力手段としてのお金の特性」を無力化するために、その原因である貯蔵性と流動性のメリットを相殺するという発想にある。そのために手数料というコストをお金の中に組み入れる(マイナスの利子を課す)という点が非常にユニークな点だ。

@貯蔵性メリットの相殺
>現金としてのお金に手数料(運輸業における貨物車両の留置料に相当する)が課せられるのであれば、お金は市場に対する優位性を失い、交換手段としての奉仕的な機能だけを果たすことになる。

手数料を課せば、貯蔵のメリットがなくなり(むしろ通貨価値は目減りし)、誰もお金を貯め込もうとはしなくなる。だから、お金を持っているだけで権力を手に入れることはできなくなるというわけだが、おそらく、19世紀末と現代では時代状況が違うという点を考慮に入れる必要がある。

19世紀末は市場社会の隆盛期でかなり貧しい時代であったが、現代は貧困を克服した豊かな社会になった。人々にはたいして欲しいものはなく、基本的に金余りである。従って(手数料の程度にもよるが)多少の手数料では貯蓄過剰になり、貯蔵性はなくならないと予想される。(ゼロ金利で、口座の出し入れの手数料がかかるという現在の状態は、ゲゼルの前提に近いが、それでも日本の場合は貯蓄率は高い。)

これを打破する方法は、余ったお金は国庫(国家銀行、公的基金等)に貯金するという方法だろう。金貸しによる民民の金利を禁止し、国庫に貯金すれば手数料は免除する(目減りはしない)という方策をとれば、ゲゼルの意図した効果は挙げられるものと考えられる。(国庫に預けずに私蔵してたら目減りする。国家はみんなの貯金をみんなの役に立つ事業に使える。)

A流動性メリットの相殺
>循環が投機的な行為によって妨げられることがなくなれば、通貨の購買力が長期に渡って安定できるようになり、流通するお金の量を恒常的に物質量に適合させることが可能になるというのです。

通貨の購買力(物価)が長期に渡って安定するためには、投機的な行為を規制する必要があるが、おそらく、これは手数料を課すだけでは実現できない。現代では金余りなので、手数料を課せば課すほど、金持ちが手元に資金を寝かしておくことを嫌って、むしろ投機を助長させてしまう恐れがある。

これを打破するには、手数料云々ではなく、そもそもの金融規制の次元から方策を考える必要があるだろう。(買占め・売り惜しみ規制、ファンド規制や株式・債券の取引規制、税制等)


ゲゼルが提唱した当時と現代では、時代状況が違う点を考慮する必要はあるが、ゲゼルの貨幣論は貨幣制度の構造的欠陥を鋭く突いているという点では、現代にも生きるものがあると思う。政府紙幣の可能性と併せて研究してみる価値があるのではないだろうか。
 
List
  この記事は 190556 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_193300
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
193808 拝金主義者を無くすゲゼルの貨幣論 いっしょけんめい 08/12/02 PM07
193356 サイトの紹介:『シルビオ・ゲゼル研究室』 猛獣王S 08/11/27 PM07

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp