日本人と縄文体質
192731 古代豪族が談合的体質を有しているのはヤマトの最初の巨大遺跡纒向に鍵があるのではないか?(後半)
 
田野健 HP ( 48 兵庫 設計業 ) 08/11/20 AM00 【印刷用へ
以下、前投稿に続いて関祐二の著書からの抜粋です。

>同じ3世紀初頭のヤマトはどうであったか?
出雲で2つの遺跡のあった同時期に少し遅れて、巨大な政治と宗教の都市、纒向が出現していた。ここには吉備や山陰、北陸、東海から土器が続々と集まっているのである。纒向が西日本のみならず、各地の首長層の協力の元に成長していた事は纒向の出現とともに誕生した前方後円墳が各地の埋葬文化を重ねて生まれていたことからもわかる。
このようなヤマトの黎明期に核となったのが「吉備」と「出雲」であった。

まず3世紀後半に「吉備」が中心勢力になり後半には「出雲」の影響が強くなった。出雲の影響が強かったのは布留式土器(土師器)と呼ばれるもので、この土器の出現と前方後円墳の完成はほぼ同時なのである。この3世紀後半の布留式土器が出現した頃に纒向の規模は一気に拡大している。
出雲地方は弥生後期に鉄の流通によって急成長したのちに北九州との間に交流を持ち、近畿地方に進出していた可能性が高い。「出雲」を代表する豪族は物部氏であり、北九州にも物部の勢力が残っている。関氏は物部氏は出雲から九州に向かったとしている。書紀では九州を母体にして東征したと書かれているが、北九州の副葬品は弥生時代の終わりに近づくに連れてだんだん貧弱になっていく。

また北九州の沿岸地帯にはヤマトに生まれたばかりの「纒向型前方後円墳」を受け入れていた。これは出雲の物部の働きかけによるところが大きいと考えられる。3世紀後半のヤマト建国とは東征の結果ではなく、出雲の力、さらに東日本を除く広域の首長によって形成されていた可能性が高いのである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(以上)−−−−

まだ天皇的人物が登場する前に在った纒向遺跡とは何をするところであったのか?ここで行われていた古代の政治とは何か?纒向遺跡には権力闘争の跡があるのか?豪族間は争いではなく話し合い(談合)をしていたのではないか?そしてその介在をとっていたのが物部であり出雲ではないか?

これを見ていくと古墳の意味、豪族間の安定志向が解明できるように思う。そしてそれを崩したのが4世紀に西方から来た天皇家ではないだろうか?
 
List
  この記事は 192709 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_192731
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
194925 3世紀前半、纒向勢力=ヤマト連合の成立 井上宏 08/12/15 PM07
193291 纏向遺跡の本当の謎はどこにあるのか? 田野健 08/11/26 PM10
193190 日本古代の体制変化(江南人⇒新羅⇒百済) 田野健 08/11/25 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流1 社会捨象→不全捨象の充足基調(’70・’80年代)
新しい潮流2 私権統合の崩壊と社会収束の潮流(’90・’00年代)
新しい潮流3 社会不全⇒認識欠乏の蓄積
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
新しい潮流5 実現派は仲間収束から社会収束へ
新しい潮流6 解脱仲間から認識仲間への逆転
仲間圧力と認識仲間
新しい潮流は、新しい人間関係を必要としている
市場社会の、カタワの「集団」
本当は、「集団」に入ったのではなく、社会に出たのだ
古い人間関係は、影が薄くなるばかり
関係パラダイムの逆転1
関係パラダイムの逆転2
活力源は、脱集団の『みんな期待』に応えること
収束不全発の適応可能性の探索、その深くて強い引力
充足基調から探索基調への転換
'90年代の危機感と変革期待の行方
秩序収束と答え探索の綱引き
潮流2:戦後日本の意識潮流
潮流3:’70年、豊かさの実現と充足志向
潮流6:’95年、私権原理の崩壊と目先の秩序収束
潮流9:経済破局を突き抜けてゆく充足・安定・保守の潮流
今後10年間は充足⇒活力を上げれば勝てる 
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
市場時代の共認非充足の代償充足⇒解脱(芸能)埋没
'70年〜現代 収束不全⇒本能的な秩序収束⇒課題収束⇒認識収束
現代〜近未来 対象への同化こそが新しい認識を生み出す
大学生が授業に出るのはなんで?
「やりがい」に潜む社会的欠乏
カリスマ 〜自分たちが共認できる価値観への評価収束〜 
仲間収束 2:一人でできない子
「働きたいから働こう」という意識
快美欠乏に替わって、認識の統合が最高価値になった。
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
芸能か、認識形成か

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp