日本人と縄文体質
192731 古代豪族が談合的体質を有しているのはヤマトの最初の巨大遺跡纒向に鍵があるのではないか?(後半)
 
田野健 HP ( 48 兵庫 設計業 ) 08/11/20 AM00 【印刷用へ
以下、前投稿に続いて関祐二の著書からの抜粋です。

>同じ3世紀初頭のヤマトはどうであったか?
出雲で2つの遺跡のあった同時期に少し遅れて、巨大な政治と宗教の都市、纒向が出現していた。ここには吉備や山陰、北陸、東海から土器が続々と集まっているのである。纒向が西日本のみならず、各地の首長層の協力の元に成長していた事は纒向の出現とともに誕生した前方後円墳が各地の埋葬文化を重ねて生まれていたことからもわかる。
このようなヤマトの黎明期に核となったのが「吉備」と「出雲」であった。

まず3世紀後半に「吉備」が中心勢力になり後半には「出雲」の影響が強くなった。出雲の影響が強かったのは布留式土器(土師器)と呼ばれるもので、この土器の出現と前方後円墳の完成はほぼ同時なのである。この3世紀後半の布留式土器が出現した頃に纒向の規模は一気に拡大している。
出雲地方は弥生後期に鉄の流通によって急成長したのちに北九州との間に交流を持ち、近畿地方に進出していた可能性が高い。「出雲」を代表する豪族は物部氏であり、北九州にも物部の勢力が残っている。関氏は物部氏は出雲から九州に向かったとしている。書紀では九州を母体にして東征したと書かれているが、北九州の副葬品は弥生時代の終わりに近づくに連れてだんだん貧弱になっていく。

また北九州の沿岸地帯にはヤマトに生まれたばかりの「纒向型前方後円墳」を受け入れていた。これは出雲の物部の働きかけによるところが大きいと考えられる。3世紀後半のヤマト建国とは東征の結果ではなく、出雲の力、さらに東日本を除く広域の首長によって形成されていた可能性が高いのである。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(以上)−−−−

まだ天皇的人物が登場する前に在った纒向遺跡とは何をするところであったのか?ここで行われていた古代の政治とは何か?纒向遺跡には権力闘争の跡があるのか?豪族間は争いではなく話し合い(談合)をしていたのではないか?そしてその介在をとっていたのが物部であり出雲ではないか?

これを見ていくと古墳の意味、豪族間の安定志向が解明できるように思う。そしてそれを崩したのが4世紀に西方から来た天皇家ではないだろうか?
 
List
  この記事は 192709 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_192731
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
194925 3世紀前半、纒向勢力=ヤマト連合の成立 井上宏 08/12/15 PM07
193291 纏向遺跡の本当の謎はどこにあるのか? 田野健 08/11/26 PM10
193190 日本古代の体制変化(江南人⇒新羅⇒百済) 田野健 08/11/25 PM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp