実現論を塗り重ねてゆく
192714 勉強をはじめた友達
 
littlesky ( 26 兵庫 会社員 ) 08/11/19 PM09 【印刷用へ
 最近、学生時代の友人と会うとたいてい何かの本の話が出てきます。
 毎週10冊近く本を読み、テレビっ子だった友人がニュースにしてもネットを利用しています。

 そんな友人たちの中の一人が言っていた内容です。
 
 自分達の親とか、そういった世代の人たちは、テレビだったり、今の生活水準であったり、そういったものを手に入れるために頑張ってこれた。だけど、今の自分達は生まれた頃からその水準を手に入れてしまっていて当たり前になっている。だから、それを超える何か目的がない限り、その人たちが頑張ってきたようには生きていけないんだと思う。

 それを聞いて、すごくおしい!って感じました。貧困の消滅、そして私権の崩壊を感じて、このままではいけない!という所まで自分で考えたのに、肝心のこれからどうなる?どうする?というところは私権観念から抜け出せていないのです。

 既存の理論では突破できないのに、でもそれしか知らない、どんなに本を読んで勉強してもほとんどの本が既存の思想に則っているため、答えがわからないのです。

 大学の頃は学校もろくにいかずに留年し、本当に解脱に明け暮れていたような友人が、自分でいろいろと勉強し、本当に答えを求めている!と感じました。
今までるいネットで勉強してきた内容を拙いながら話し、一人で考えても多分答えは出ないよ、ぜひるいネットでみんなで答えを探そうよ!と言うと、かなり可能性を感じてくれました。

 本当にみんな答えを探しているんだなぁと実感した日でした。
 
List
  この記事は 24982 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_192714
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
外圧適応態
外圧適応と多様化
根源的認識の理解、免疫系に見る…その2
収束と統合とは生きているという状態そのもの
雌雄分化における統合
闘争適応と共生適応の関係A
人類はDNAではなく、共認内容や観念内容を組み換えて適応している
ミラーニューロンと共認機能
改めて自然との共認
共認回路の特殊性
共認回路は個体境界を越えて情報を統合する
失語症の回復過程から言葉以前の共認を探る
主体認識と状況認識は一体では無いか
無意識とは本能・共認回路上の意識である
音読する感覚
音読と共認回路
対象への同化について
共認治癒力A
共認適応
ロール・レタリングという手法
脳構造についての視点
脳回路の2段階構造
胃腸から脳へ伝わる情報の方がはるかに多い
書籍紹介『奇跡の脳』B〜右脳マインドの働きとは?〜
書籍紹介『奇跡の脳』C〜左脳マインドの働きとは?〜
ドーパミンの基礎知識(ドーパミンの特異性)
ドーパミンは加速(増幅)物質
思考とドーパミンの分泌
エンドルフィンの不思議
エンドルフィンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その1
セロトニンの不思議、その2
セロトニンの不思議、その3
「怒りのホルモン!」 ノルアドレナリン
「恐怖のホルモン!」 アドレナリン

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp