日本人の起源(縄文・弥生・大和)
192709 古代豪族が談合的体質を有しているのはヤマトの最初の巨大遺跡纒向に鍵があるのではないか?(前半)
 
田野健 HP ( 48 兵庫 設計業 ) 08/11/19 PM08 【印刷用へ
古代豪族が矛を戦わせて戦争したという形跡は古墳時代にはない。ひたすら古墳を巨大化させることで互いを牽制していたと見るが、その背景には弥生時代後期から古墳時代初期にかけての豪族間の何らかの共通構造(談合的構造?)があるように思う。

関祐二の書籍「継体天皇の謎」の中で、弥生時代から古墳時代初期の西日本の状況について考古学データーを元に書かれたくだりがあり、信憑性が高いので投稿しておきたい。
問題意識はヤマトは果たして東征によってできたのか?という疑問である。答えから先に言っておくと古墳時代前期にヤマトと九州はそれぞれに勢力があり、九州勢力が低下したことにより西日本ヤマト勢力によって九州が取り込まれたのが事実ではないかと思う。
つまり、西から東ではなく東から西へ、若しくはそれぞれが独自に集権していたのが当時の状況ではないかと思う。

以下、関祐二氏の著書から抜粋してみました。

>弥生時代は本格的な稲作が始まった時代であるとともに、日本独自の青銅器文化が育まれていく時代であった。朝鮮半島では道具であった青銅も、日本に渡ってしばらくすると次第に大きな代物に変化し、「祭具」としての性格を帯びてくる。
おおまかに分けると弥生時代の西日本はおおまかに2つのグループがあった。

北九州と瀬戸内海西部を合わせた地域と、畿内を中心とした瀬戸内海東部のグループである。前者は銅矛、後者は銅鐸の文化圏が確立されていた。
弥生後期に入るとこのような分布域に変化が現れる。瀬戸内海の中ほどの吉備と出雲の周辺で独自の青銅器文化圏が生まれる。

これに合わせて西日本の政局が変化する。瀬戸内海に鉄が入らなくなった。これは関門海峡を九州勢力に押さえ込まれた為という説が有力である。
このためそれまで瀬戸内海ルートで九州から鉄を運び入れていたヤマトは慢性的な鉄不足に悩まされる。考古学的な資料では北部九州と出雲では月とスッポンほどの格差が生まれているのである。鳥取県の弥生後期の代表的遺跡である青谷上寺地遺跡と妻木晩田遺跡から想像を絶する量の鉄が地中から出てきている。2つの遺跡とも潟を有しており、鉄の流通に関わっていた事がわかる。集落の規模も152ヘクタールに及び、同時代の吉野ヶ里遺跡より大きい。関門海峡が閉鎖されたことに目をつけた山陰地方の首長層たちが、北部九州に独占されてしまった鉄の流通を日本海ルートによって復活させた。

同じ3世紀初頭のヤマトはどうであったか?(続く)
 
List
  この記事は 190774 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_192709
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
192731 古代豪族が談合的体質を有しているのはヤマトの最初の巨大遺跡纒向に鍵があるのではないか?(後半) 田野健 08/11/20 AM00

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp