市場は環境を守れない、社会を統合できない
191420 レバレッジ(乗数金融)の原理
 
井上宏 ( 40代 新潟 建築コンサル ) 08/11/04 AM08 【印刷用へ
マネー経済の急拡大をもたらしたレバレッジ(乗数金融)の原理について

米英の証券化金融が極まり転換する経済  リンク  より引用
///////////////////////////////////////////////////////////
■4. 米国における金融経済の膨張
GDP(商品生産量)の実質額に対し、米国の「金融的な資産と負債」
の総量(Financial Assets) はどうなってきたか? 

【金融機関・企業・世帯がもつFinancial Assetsの時価の急増】
   〔年度〕           〔GDP対比〕
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
1960年代〜1980年の20年間      ほぼ、400%
1981年〜1990年の10年間       600%に増加
1991年〜2000年の10年間       800%に増加
2001年〜2007年の7年間       1000%に増加
〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜
         (米FRB:英エコノミスト誌:080319号)


■6.利益も損も、倍数化する乗数金融
【レバレッジ】
乗数金融とは、レバレッジです。例えば、顧客から預かった元本が
1000億円とします。

(1)これで1000億円の、価格変動がある国債や証券を買う。買った国
債や証券の、担保としての掛け目が90%なら、他の金融機関から900億
円を借りることができる。
(2)この900億円で、また国債や証券を買う。
(3)そしてそれを担保に810億円を借り、また買う。

こうした「レバレッジ」を繰り返せば、合計の運用額は、無限等比級
数の原理で、10倍になります。貸し手になるのは、世界の証券会社や
銀行です。

元本1000億円+810億円+729億円+648億円・・・・
             =1000億円÷(1―0.9)=運用総額1兆円

上記の例のように、10%が担保の欠け目(担保掛け目90%)なら、最
初の元本1000億円を使うレバレッジによって、最大1兆円の運用を行う
ことができます。これがヘッジファンドの方法です。

運用の粗収益が7%であり、借入金利が5%なら、利益は〔1兆円×(7
%−5%)=200億円〕になります。

1000億円の元本に対し、20%(200億円)の利益です。この利益は、株、
証券、不動産の上げ相場のとき、もっと大きくなる。

このようにして、金融機関相互のレバレッジが積み重なり、金融機関
・企業・世帯がもつFinancial Assetsの時価は、2007年で、GDPの
10倍(1京3000兆円)にも、膨らんだ。

2000年に比較し、積極的な運用を行う8800本のヘッジファンドの元本
も、50兆円から、その5倍の250兆円余になっています。

レバレッジを加えれば、実際の運用額はこの数倍以上でしょう。

■7. 30倍の、巨額レバレッジがある
●証券会社(=投資銀行)の大手ゴールドマン・サックスは、元本資
金が$400億(4兆円:エクイティ)です。運用資産は、$1.1兆(110
兆円)です。つまり、ロールドマンでのレバレッジの「信用乗数」は、
27.5倍です。(08年6月)

●同業の、投資銀行メリル・リンチは、元本資金は$300億(3兆円:
エクイティ)にすぎない。運用資産は、$1兆(100兆円)で、信用乗
数は33倍ともっと高い。

この信用乗数の、高い水準は、1998年に破産したLTCM(ロングタ
ーム・キャピタルマネジメント)の33倍と同じです。

(1)信用乗数が33倍であると、市場金利の1%の上昇で、その33倍の
33%分の、金利負担が増えます。

(2)証券価格の1%の下落も、元本に対し33%の下げに匹敵します。

この両方が重なり、わずかな金利の上昇や住宅価格の下落が、巨額な、
信用倍率での損になる。

////////////////////////////////////////////////////////////////
(引用以上)

ヘッジファンドのジョージソロスが、『超バブルが崩壊する』と言って本を出している。レバレッジを最大限に利用して、世界を荒らしまわった張本人が、今更何をと言いたくなります。
ただソロスも言っているように、レバレッジ金融は損するときも信用倍率での損になる=ヘッジファンドの急激な破綻=マネー経済の急激な縮小が待っているということを示している。
 
List
  この記事は 17260 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_191420
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
192249 証券化ビジネスの問題点は何か?(1/2) 船長 08/11/14 PM06

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp