日本人の起源(縄文・弥生・大和)
190613 渡来人の動きと国内勢力@(紀元前5世紀〜6世紀)
 
田野健 HP ( 48 兵庫 設計業 ) 08/10/25 AM09 【印刷用へ
高句麗、百済、新羅の歴史で紹介してきたHP「だるまさんが転んだ」の韓国・東北アジアの歴史の記事の中に日本歴史を(1)〜(4)でまとめたものがある。この記事群は日本の歴史を東南アジアとの関連性の中でうまくまとめてあり、他の日本史の記事とは力点が異なる。今回はそのHPの中の「日本の渡来人」の部分を紹介しておきます。リンク
天皇系譜の争いの背後にある豪族の勢力争い分析の基礎資料になると思います。〜以降は私がサブタイトルを入れました。

※HPの作者の竹井一氏は日比谷高校の教師でありながら韓国史に精通しており極めて史実に忠実に日韓の関係を捉えている。リンク

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
【日本と渡来人】〜概観
日本地域には多くの渡来人が来ている。渡来の波は大きく4回あるといわれるが、これには東アジア全体の動きと、日本(ここでは地域名として日本を使う)の王権の伸張、そして日本の朝鮮半島、大陸政策との関係を考えなければならない。言い換えると、王権との関係で渡来人(=帰化人)をどう考えるかということである。渡来人が日本に来たということともに、渡来人を日本に引きつける日本側の力も大きかったと言うことである。

さらに王権と関係を持った渡来人以外にも、日本に渡来した人々がいた。長野県に見られる渡来人関係の遺跡など、中央との関係では説明の付きにくいものもあるからだ。⇒長野にある高句麗系の大室古墳群リンク

【第1波 紀元前5世紀-3世紀】〜中国の戦国時代発の渡来人
第1の波は紀元前5世紀から始まる波である。中国では戦国時代(403-221)で、群雄割拠の時代を迎えていた。そのため中国から朝鮮半島に移る人が多く、さらにこれに押し出されるように朝鮮半島から日本に来た人々が多くいた。彼らの持っている稲作の技術によって、日本はそれまでの縄文時代から農耕を中心の弥生時代に移行した。集落も稲作に適した平野の近くに作られるようになった。

【第2波 4世紀-5世紀】〜新羅の秦氏と百済の漢氏が深く関わる。
日本では応神・仁徳天皇など倭の五王の時代にあたる。この時期中国東北では、慕容氏が南下して、それに押されるように高句麗が朝鮮半島を南下しはじめ、新羅は高句麗の影響下に置かれた。それに押されるように日本にも渡来が増えた。この時期日本では大王はじめ各地の有力豪族は、領域内の経済的、文化的発展と政治的支配力の強化を図っていた。そのため渡来人の技術が必要とされた。4世紀後半になると、ヤマト政権は畿内から西日本へ勢力を拡大した。

この中で、新羅との関係が深いとされる秦(はた)氏や、百済との関係の深い漢(あや)氏などはこの時期に渡来して、文筆や外交に携わった。これらのうち漢氏の東文(やまとのあや)氏の力が強くなる。

ヤマト政権は伽耶の鉄資源を巡り朝鮮半島にも勢力を伸ばしていたが、その軍事力を目当てに百済が関係を持ち、ヤマト政権に七支刀を送っている。しかし伽耶のヤマト勢力は、北から進出した高句麗に敗れた(400)。高句麗の圧力によりこれをきっかけに百済、倭とも中国に朝貢する(倭の五王 413- 502)。一方で高句麗の騎兵の影響を受けて、乗馬の風習が顕著になる。西文(カワチノアヤ)氏の地盤の河内地域にこれに関する伝承が多い。

【第3の波 5世紀末-6世紀】〜船氏、葛井、津氏の進出
雄略、継体、欽明天皇の時期に当たる。
朝鮮では新羅が急速に台頭し、伽耶、百済と対立した。百済は高句麗に都の漢城を落とされ(476)、熊津に遷都し、さらに扶余に都を遷す(538) など深刻な政治情勢に陥り、日本は畿内中心の古代国家の形成が本格化していた。支配体制の動揺を迎えつつ、新たな国家体制を作ろうとしたため、国家統治の技術として、渡来人の最新の知識や技術を必要とした。そのために積極的に渡来人を受容した。
今来の才伎(いまきのてひと)と言われる人たちで、王辰爾の後裔とされる一族(船氏、葛井、津氏)もこの時期に勢力を伸ばした。他にも綿織や綾織などの技術をもたらした錦部、須恵器をもたらした陶部などが相次いで渡来してきた。他にも百済から画部、手人部、鞍部、衣縫部、韓鍛冶部、飼部などが渡来する。

彼らは交通の要衝で西文氏の地盤であった河内古市付近や、飛鳥近傍の東漢氏の地盤であった高市郡に配され、それまでに定着していた渡来人と一緒となって、他とは文化的に異なった地域を形成していった。
河内では5世紀中頃から勢力の中心が西文氏から船氏に移り、大和でも東漢氏も実務から離れ、今来の人々と政府の仲介を行うようになる。渡来人の力は為政者に独占され、生産力の向上や富が蓄積されていき、6世紀には各地で群集墳が築かれるようになった。
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーー(続く)ーーーーーー
 
List
  この記事は 190426 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_190613
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
190717 新羅系秦氏について 井上宏 08/10/26 AM10
190623 新羅系秦氏VS百済系漢氏の比較と特徴 田野健 08/10/25 PM00
190618 渡来人の動きと国内勢力A(6世紀〜9世紀) 田野健 08/10/25 AM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp