次代の活力源は?
187549 『する側』から『される側』へ
 
井谷奈々 ( 22 兵庫 保育士 ) 08/09/25 PM10 【印刷用へ
私事ですが……………
実は、なんで屋に通い始めてもうすぐ1年になるんですっ(〃Å〃)
自分自身の中の固定観念をいい意味で変えてもらったり楽しく毎日が過ごせるようになったりで、嬉しい事ばっかりなんだけど……
最近、また嬉しいことがあったので書かせていただきます^д^



今までは自分が相談を持ちかけて相手に答えを求めてばっかだった(もちろん今だって悩んだ時は聞きまくりますよ^^)んだけど、
最近は、友達に相談を持ちかけられることが増えてきたんです!!!!!

今までだったら、相手の話を聞いて共認してあげることしかできなかったし、それがすっごいはがゆかったんです´Å`

でも!でもでもでも!!!!
その悩みに対して100%は無理だけど、
『こうしたらいいんじゃない?』
『もしかして〜な事になってない?』
って、その悩みの糸口となるものを提示してあげられるようになってきたんですよ^∀^↑

その提示をして相手が
「なんかスッキリした〜´ω`♪♪」
って言ってもらえると更にすっごく気持ちよかった。

『答える(応える)って気持ちいい〜♪♪』
って実感できた瞬間でした。

でも、これが応えられた理由があるんです。
それは………

みんなあたしと同じことで悩んでるって事!
しかも、露店で聞いたものばっかりwww
だから、余計に共感してできるんだろうなって思いました。

この嬉しかった話を露店に行った時にした時に
「構造認識、なんで思考が身に付いてきたんだね」って言ってもらって嬉しかったし、そうだったんだって感じることができたの〜〃ω〃♪


そういえばって思い返してみると…
前に男の子から
『付き合うってなんなんやろ〜??友達と何が違うんかな〜???』
って。。。。。。

『あたしとおんなじやん!!!!』
って心の中でニヤリ^皿^
ってしてたら…

『それはね〜70年代に日本は貧困が消滅しちゃったことからはじまり〜』
ってくちが勝手にしゃべってたというwww

気づかない間に、着々と知識として取り入れ、
気づかない間に、構造認識やなんで思考を自然にできるようになってたんだなって実感できました。
それを誰かに伝えることによって再認識できるし。

もっといろんな知識・視点を知りたいなでいっぱいです^ω^♪♪
 
List
  この記事は 187423 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_187549
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
191795 発信するだけじゃダメなんだ!!!! 井谷奈々 08/11/08 PM11
189321 構造認識が充足を拡げる武器になっていた☆ 樫村志穂美 08/10/09 PM11
答える(応える)って気持ちいい〜♪♪ 「毎日のありがとう☆.。.:*・゜」 08/09/29 PM05
187709 感トレの嬉しい報告を聞きました! クマったイルカさん 08/09/26 PM07
187585 発信は楽しみ 萱間直 08/09/26 AM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp