脳回路と駆動物質
18432 エンドルフィンの不思議
 
吉国幹雄 ( 48 鹿児島 講師 ) 01/12/13 AM11 【印刷用へ
実現論で解脱物質(快感物質)として考えられるホルモン(あるいは神経伝達物質)として、オキシトシン・エンドルフィン・ドーパミンがあげられています。前回、親和物質として考えれているオキシトシンのもともとは集団物質と呼ぶべき根源的なホルモンではないかと述べましたが、そうすると他の二つのホルモンは進化論的にあるいは機能的にそれぞれどのような違いと意味を持っているのでしょうか。
まずは、エンドルフィンについて、ドーパミンとの差異も含めて検討します。(ドーパミンについては後日改めて扱う予定です)

エンドルフィンといえば、人間だけでなくラットの精液にも含まれていて「うれしい」時に、分泌されるホルモン。快感作用を持っている。
エンドルフィンといえば、親しい人と別れるときに「さびしい」思いをするときに、分泌されるホルモン。鎮痛作用を持っている。

快感作用と鎮痛作用、繋がらないことはないが、頭が痛いからといって「鎮痛剤」を飲んでも、快感があるわけではないが…、さて?

エンドルフィンは機能的には体内麻薬物質であるといわれています。実際に、モルヒネと構造的にも似ており(脳内の阿片薬や阿片様物質をオピエート・オピオイドと呼んでいます。他にエンケファリンなど3系20種類ほど見つかっています)、実際にβエンドルフィンはモルヒネの10倍の鎮痛作用があるようです。ちなみにドーパミンはどちらかといえば、体内の覚醒剤です。

「麻薬」「覚醒剤」いずれも快感作用と依存症を引き出します。麻薬は精神的な依存だけでなく、身体的な依存を引き起こすものを医学的には指しているようですが、これは麻薬物質の働く場所が、たとえばエンドルフィンの場合は脳内だけでなく全身の神経系特に消化系でも多く分泌されるからだと考えられます。それに対して、覚醒剤は脳内にとどまっているわけです。

このようにまず、エンドルフィンの特徴としてドーパミンと異なり、脳内はもちろん、全身の重要な部位で分泌されています。このことからも、ドーパミンよりもかなり古い(根源に位置する)ホルモン(神経伝達物質)であると予想されます。実際に、エンドルフィンやACTH(村田さんも紹介されている副腎皮質刺激ホルモン)は単細胞生物にも見出されているようです。細胞間のやり取りであるホルモンとして使われる以前から存在しているところを見ると、オキシトシンなどよりもかなり古い根源物質のようです。

また、エンドルフィンは脳内での作用の仕方として、他のドーパミンのような快感物質とは違う作用をします。ドーパミンは快感物質として、その物質そのものに快感という色をもった神経伝達物質です。ドーパミン作動性の最大の神経(束)はA10神経です。これを制御抑制する神経がギャパ作動性神経です。ギャバ作動性神経によって、負のフィードバックを受けているわけです。(ずっと、ドーパミンが出っ放しだと頭の中が快感に酔いしれて狂ってしまいますから、他の神経で制御抑制しているわけです)。

ところが、このギャバ作動性神経の末端に多くのエンドルフィンのレセプター(麻薬レセプター)がついているのです。エンドルフィンが制御抑制回路を抑制することで、結果としてA10神経に対して正のフィードバックをしていることになります。また、フィードバックといえば多くの神経はオートレセプターを持ちます。快感回路も同様です。出しすぎたあるいはシナプスに滞留する神経伝達物質を自らが回収する負のフィードバック機能です。ところが、多くの麻薬物質はこのオートレセプターにくっつくわけです。そうすると、回収されずに快感物質が長く脳内に滞留したり、多く伝達されることになります。

つまり、もともとはエンドルフィンそのものは「快感」という色を持っているのではないということでしょう。快感を感じさせるのが、二次的(間接的)な働きということになれば、その本質的な意味はどこにあるのか、あったのか。
 
List
  この記事は 18274 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_18432
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
エンドルフィンの働きって? 「Biological Journal」 07/03/21 AM00
ダイエットが成功しない理由 「Biological Journal」 06/03/29 AM01
18647 エンドルフィンの基礎から 村上祥典 01/12/16 AM01
18444 エンドルフィンの不思議、その2 吉国幹雄 01/12/13 PM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp