国債経済とその破綻(大破局の予感)
183813 幻想化の本丸、ファッション志向の女性も服を買わなく成った。
 
猪飼野 ( 50歳代 東京 営業 ) 08/08/22 PM11 【印刷用へ
昨年秋から日本の衣料界が大不況らしい。ユニクロ以外の業者は、殆どが赤字らしい。

衣料ファッションで有名な小島健輔氏が雑誌「販売促進」で、「衣料大恐慌にかく対策せよ」と言う記事を書いています。

【以下引用】
 昨秋から低迷が深まっていた衣料品の販売が春以降、一段と落ち込んでいる。以前から低迷していた量販店、割高感から顧客流失が加速する百貨店に続き、春以降はガソリン高騰に直撃されて郊外SCも落ち込み、・・・・・(中略)・・・・・・百貨店でも量販店でも食品などの生活必需品は堅調で、衣料品だけが不振を極めている。

【その対策を下記としています】
モードだトレンドだといった浮ついた訴求は空回りするばかり。時代の空気は等身大ライフスタイル軸に移っており、ファッション軸のままでは売上減少は止められない。・・・・・(中略)・・・・・・ まずはトレンド一辺倒を避けて季節感やシーンを軸に肩の張らない等身大スタイルを訴求すべきで、季節素材のバッグやシューズ、ストールやアクセサリーを加えて雑貨感覚にこなしたい。
―――――――――――・―――――――――――
読んで違和感をすごく感じますね。彼らは婦人ファッションで生きているので仕方ないのでしょうが、更なる販売を目的とするので目先対策に終始して、何故売れないのかの追求が全くなされていない点です。

日本の衣料品は、いつの間にか、衣料品は韓国製品だったのが、全て中国製に成りました。ユニクロが普及した10年前後で生産拠点を低賃金の中国に移した結果、衣料品の価格は格段に安く成りました。破格値で買えるファッションにより、多くの衣料品が売れました。

そして、箪笥に入りきれないほどの衣料品を所有しています。安いからと喜んで買っていた衣服が、毎日着替えても着尽くせないほどに成ってしまっています。この衣料品が無駄に感じ出したのです。そして、景気後退と物価高騰という状況下で「これ以上の衣料品は不要」判断しだしたのだと思います。

様々なファッション雑誌を膨大に発行するなど幻想化による購買促進の本丸である「女性ファッション」にも、遂に「必要か否か」の意識が普及し始めた?!

「必要か否か」の意識が、ファッション志向の女性にまで普及し始めたと言う、潮目の大きな変化といえる時期かもしれないと私は思っています。
 
List
  この記事は 33995 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_183813
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
素人の社会活動19 素人と創造
素人の社会活動26 創造の資質
素人の社会活動28 現実を対象化する=思考する
素人の社会活動29 私権時代の歪んだ思考(主張・説得・議論)
素人の社会活動30 現実を対象化する思考=事実認識
素人の社会活動34 創造(=探求)のパラダイム転換
潜在思念発の大きな方向と大きな構成
因果関係と収束関係(実現関係)の矢印
原因→逆境(不全)⇒どうする?⇒可能性収束  
原基構造の不変部分と可変部分
「観念力を鍛えるには?」(1) 話し言葉と書き言葉の断層はどこから登場したのか?
「観念力を鍛えるには?」(2) 5000年前の文字登場以降、共認機能は衰弱している?
「観念力を鍛えるには?」(3) 「理解する」とはどういうことか?
「観念力を鍛えるには?」(4) 求道者と解釈者では思考の自在さが全く違う
詭弁を説明しようとするから難解になってゆく
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(1) 共認充足が最大の活力源。'10年代はそれだけで勝てる
「日本人はいつ物を考え出すのか?」(2) 学習観念が役に立たないのはなぜか?
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
旧観念と新しい概念装置の決定的違い
「旧観念無用」という認識が生み出す気付きの深さ
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
『生命と場所』より…生命観
共生思想ということ
精霊の措定は手順律の逆転か?
「生物的な知」と「機械的な知」
「変性願望」批判
認識の創発性
認知と探索と統合
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
未知の世界の知性?
シャーマニズムと幻覚回路
楢崎皐月氏のカタカムナ説(1) 宇宙から素粒子に至るまで、万象は共通構造(相似象)を示す

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp