マスコミに支配される社会
181099 CO2温暖化説ウソかホントか?ではなく、環境問題どうする?が議論すべき本質問題
 
匿名希望 08/07/12 PM10 【印刷用へ
昨年、アル・ゴアによる「不都合な真実」が公開され、今年は、つい先日、洞爺湖サミットが開催されたこともあり、巷では地球温暖化についての意識が高まっている。マスコミでも、連日のように温暖化のニュースを取り上げ、報道している。各企業も、自社の温暖化対策を積極的にアピールしており、TVCM等でも、自社製品の宣伝を全くせず、温暖化対策の宣伝のみのCMもあるほどだ。これらの影響で、何も知らずCO2温暖化説を信じている人は多いだろう。これは大きな問題だと思う。

一方、ネット界や出版物などでは、CO2温暖化説賛成派 VS CO2温暖化説反対派(懐疑派)との論争が相変わらず続いている。179796で紹介されている「『二酸化炭素による地球温暖化詐欺』を告発するビデオ(4つの目で世の中を考える:リンク)」の記事もその一つである。

確かに、CO2温暖化説には、様々な矛盾点があり、それを元に各国の詐欺的な政策や経済が動いていくのは大きな問題である。だから、その矛盾点を突き、正しい方向に修正する事は重要だと思う。しかし、CO2温暖化説反対派の論拠も、多くは仮説からなっており、さらにCO2削減には環境保護という錦の御旗があるため、CO2温暖化説賛成派はいくらでも反論ができている。結果として、この論戦は、議論のための議論になってしまっている。

しかし、どうも本質からずれている気がする。本当に求められているのは、現在も続いている様々な環境破壊(大気汚染、水質汚染、大規模開発による生態系破壊・・・etc.)に対する解決策であり、それは温暖化のみを何とかすれば解決される問題ではない。だから、本当にみんなで議論すべきはこの内容なのだが、どうしてもCO2温暖化説というものがセンセーショナルな話題であり、しかも論点がつきないものだから、ついつい議論の中心になってしまう。るいネットでも議論が尽きないのはそのためだろう。

これは、どうもマスコミ批判はするが、物事の本質を考えられていない人々(179186)と同じ構造ではないだろうか。

一刻も早く議論のテーブルからCO2温暖化説を引きずりおろし、環境破壊どうする?という本質問題を議論の課題にして、答えを出していく必要があると思う。そして、こちらの議論が進み、環境問題に対する答えを出していくことができれば、必然とCO2温暖化説が議論のテーブルに上ることはなくなるのではないだろうか?
 
List
  この記事は 179796 ブログ への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_181099
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp