実現論を塗り重ねてゆく
180280 必要なのは要求ではなく、追究。
 
大森義也 ( 43 広島 建築設計 ) 08/06/29 PM08 【印刷用へ
>注:この点は、新しい運動である筈の、環境運動も同じである。
云うまでもなく環境破壊・肉体破壊の原因は、市場拡大にある。にも拘らず、市場拡大を推進してきた旧思想に代る新理論を構築できず、当の旧思想に依拠したままなので市場の補完運動に堕し(それではごく一部の人しか参加しないので)、環境運動のNW化さえ出来ないでいる。9050


現在、地球温暖化の原因とされるCO2削減に人々の意識は収束し、あたかも世界共認が形成されたかのような錯覚に陥る。

実際は、168467にあるように、市場拡大停止を悟った支配層=金貸しの謀略(誤魔化し)に基づく、市場延命策に乗せられているに過ぎず、よって錯覚に過ぎないのだが、人々の社会不全⇒社会変革意識(ここでは環境破壊をどうにかしたい)に巧妙に取り入る彼らの戦略によって、そうとは気付きにくくなっている。

現在、多くの人がこの罠にはまっている状況だろう。
ここから抜け出すためには、どうするか?

■まずは、未だ要求主義であることに気付くこと
「地球環境を守るにはどうする?」と、主体的に考えているように見えて、実は何も考えず、地球環境に良さそうな製品やシステムを市場に要求しているに過ぎない。このような状況であり続ける以上、大衆を謀ることは、金貸しからみると赤子の手を捻るようなものである。

■次いで事実を追究すること
要求主義から脱するには、事実を追究することが近道。
真に「地球環境をどうする?」を追究していけば、CO2が温暖化の主犯ではないこと、CO2削減→温暖化抑制の切り札とされている原発や排出権取引がかえって温暖化を促進していること、その背後に金貸しの謀略がちらついていること、総体として社会不全が加速されていることなどの事実と、だからこそ要求するだけでは何も解決しない、ということが理解できる。

※こうして得られた事実を体系化していくことが、旧思想に代る新理論なのだと感じる。
 
List
  この記事は 9050 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_180280
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
人類の進化
ヒトは何種類いたのか? 「異種同時共存説」による人類進化
「アフリカ起源説を補強する新証拠で、窮地に陥った多地域進化説」 @
「アフリカ起源説を補強する新証拠で、窮地に陥った多地域進化説」 A
単一起源か?多地域起源か?(その2)
アニミズム(精霊信仰)について
シャーマニズムと幻覚回路
原始人類集団のリーダーは、精霊信仰⇒祭祀を司る女であった
共時一体感覚にささえられる文字による共認 2
不安発の古代宗教と感謝・同化の精霊信仰
ネアンデルタール人は「野蛮」だったか?   人類の生活をどう復元するか
スンダランド海洋航海民の誕生
黒曜石、翡翠の広域に渡る存在は、交易ではなく贈与の結果ではないか@
黒曜石、翡翠の広域に渡る存在は、交易ではなく贈与の結果ではないかA
ポトラッチの実態
捧げものが同類闘争圧力により変質したものがポトラッチ
贈与の意義
採取時代の適応原理
「祭り」の多面性と核心
祭りは共生適応ではなく集団統合(解脱+闘争)共認の場
人類の本性は共同性にある@
人類の本性は共同性にあるA
人類はなぜ大地を耕しはじめたか? 寒冷期と農業の起源
4大文明の多元的・同時発生説
戦争がなくならないのはなんで?:ノート2
原始時代〜部族連合時代〜武力支配時代
武力時代の東洋の共同体質⇒秩序収束⇒規範収束
西洋の自我収束⇒観念収束⇒唯一絶対神信仰
白人の部族移動の歴史
山賊・海賊によってつくられたギリシア・ローマ
戦争の起源
西欧だけが性を罪悪ととらえる文化であるのはなぜかA〜古代ギリシア・ローマに快楽敵視が存在した証拠はない
西欧だけが性を罪悪ととらえる文化であるのはなぜかB〜隠蔽したいローマ帝国崩壊後の空白の200年間

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp