暴走する悪徳エリートの所業
175555 次期首相は、、小池VS平沼??
 
疾風怒濤 ( 28゜22’25”N ) 08/05/01 PM11 【印刷用へ
山口補選の民主勝利により、ますます福田政権は岐路に立たされた。
もう周辺では次期政権、首相交代の話題に移っている。

その中で突如、降って沸いてきたかのような二人がいる。

小池百合子と平沼赳夫だ。

小池百合子は小泉政権で活躍し、未だに小泉とも仲良くやっている。
何より環境問題の話題でマスコミにも取り上げられ、そしてなぜか小泉同様、あまりマスコミから叩かれない。
その人の動きが活発化してきた。

以下、yahooニュースより
>>
「<TPL>小池元防衛相ら女性議員3人が政策集団」

福田内閣の支持率が低迷する中、自民党の小池百合子元防衛相が存在感を高めてきた。1日には女性衆院議員3人で新しい政策グループ結成を発表。先月も小泉純一郎元首相らと環境問題に関する議連の発足にかかわるなど、マスコミへの露出が目立っている。党内には「ポスト福田を意識した動き」との憶測も広がっている。
>>リンク

一方の平沼赳夫。

同じく小泉政権にて経産大臣を務めたが、郵政民営化に反対し、造反組として干され、無所属で生き残った。
その男を中心に新党結成が囁かれ、民主党:小沢が次期首相に、とまで言い出し、盛んにけしかけている。

以下、「「アンカー」長野聖火リレー 報道されない真実&今後の政局」ぼやきくっくりリンクより
>>
平沼さんとしたら、安倍さんや麻生さんが沈んだら、結局自民党で選挙に勝つ総理、新しい総理を決める人はやっぱり小泉さんが決定権を持つだろうと。平沼さんの周辺の証言によるとそう判断したそうです。ね。ということは、小泉さんとどうしても平沼さんはいっしょにやれないから、もう自民党と組めない。

その総選挙で民主党は山口補選の勢いもかって、今のアンチ福田もあって、民主党が第一党になったら、小沢さんが当然、首班指名を受けようとするはずですが、小沢さんは自ら譲って、無所属の平沼さんを首班に立てて、そうすると何が起きるかというと、再編含みですから、自民党の方から入ってくるという話なんですよ。
>>リンク


この二人は、言い換えれば従米派と国益派(反米派)。

小泉・小池=従米派、と小沢・平沼=国益派、の戦い。

このまま自民党政権が続けば、サミットに向けて小池を立て、環境問題にて評価を上げ、良ければ選挙に打って出る。(従米派の狙い)

もしくは、福田政権が選挙に打って出て、民主党が勝利(過半数に近い議員確保)することで、平沼を担ぎ出し、一部自民党も引き出して、民主党連立政権を作る。(国益派の狙い)

この大きな二つの思惑が、いま動いているのではないか??

夏に向けて、注目すべき点である。
 
List
  この記事は 174976 ブログ1 ブログ2 ブログ3 ブログ4 ブログ5 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_175555
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp