暴走する悪徳エリートの所業
174976 大連立前行き「連携バス」は超満員
 
遊撃手 ( 44 ) 08/04/24 PM11 【印刷用へ
ブログ『白髪頭でズバリと斬る -じじ放談-』リンクに大連立にむけた動きを整理した記事が書かれている。
タイトル:『大連立前行き「連携バス」は超満員。ついに、菅直人も「連携バス」に飛び乗った? 』

以下に、今後を予測する上で、参考になりそうな内容を抜粋したい。

------以下引用------
◆◆◆自民・民主・国民新党をまたがる連携の現状を整理してみる

●第1.福田康夫・小沢一郎の大連立合意(破談)
森喜朗元首相、福田康夫首相、町村信孝官房長官、小沢一郎民主党代表、山岡賢次民主党国対委員長。後援者は読売新聞社主:渡邊恒雄

●第2.麻生太郎・鳩山由紀夫の勉強会立ち上げ(麻生・鳩山以外は後援者と推定される人士)
麻生太郎前幹事長、中川昭一元政調会長、平沼赳夫(無所属)、安倍晋三前首相、鳩山邦夫法相、鳩山由紀夫民主党幹事長、前原誠司民主党前代表

●第3.せんたく議連(自民51人、民主47、公明8、国民新党1)
自民:河村建夫元文部科学相、園田博之政調会長代理、菅義偉選対副委員長
民主:岡田克也副代表、前原誠司副代表、野田佳彦元国対委員長

●第4.新憲法議員同盟
会長:中曽根康弘元首相、会長代理:中山太郎

※顧問
自民:海部俊樹、中川秀直、丹羽雄哉、中川昭一、安倍晋三、伊吹文明、谷垣禎一、青木幹雄
民主:鳩山由紀夫
国民新党:綿貫民輔、亀井静香

※副会長
自民:津島・古賀・野田・島村・与謝野・高村・二階・町村・額賀・石原伸晃
民主:前原、渡辺秀央(民社協会)
国民新党:田名部 
無所属:平沼

※副会長兼常任幹事
自民:鳩山邦夫、大島理森

※常任幹事
民主:松原仁(民主党民社協会)
国民新党:亀井郁夫

●第5.韓国訪問議員団(10数名)
自民:加藤紘一、山崎拓
民主:仙石由人、枝野幸男ほか

●第6.清和会幹部中川秀直と民主党横路孝弘G幹部赤松広隆のゴルフ旅行

●第7.二階俊博と大江康弘(民主党民社協会)


◆◆◆自民・民主・国民新党の連携で注目すべきなのは以下の点である。
・第4の「新憲法議員同盟」は、自民党のほぼ全体と、民主党の鳩山幹事長・前原前代表・民社協会が中軸となっている。
・第3の「せんたく議連」は、自民党の麻生太郎・安倍晋三と縁が深い園田・河村・菅義偉と、民主党の前原誠司、野田佳彦の松下政経塾出身及び岡田克也など「反小沢勢力」が結集している。
・第2の麻生太郎と鳩山由紀夫の勉強会は、麻生太郎の側近である鳩山邦夫法相がつなぎ役になっている。

※以上、自民・民主・国民新党の大連立の姿が見え始めたといえるのではないか。

大連立構想から外れている民主党のグループは、小沢一郎グループ、菅直人グループ、横路孝弘グループほかであることが明らかになった
 
List
  この記事は 172619 ブログ1 ブログ2 ブログ3 ブログ4 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_174976
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
制服組の権限強化か?・・・歴史を繰り返さないために+高齢者医療は小泉に説明させよ? 「日本がアブナイ!」 08/05/24 AM01
176617 <自民党>古賀、谷垣派が合流…会長に古賀氏就任 バスケットマン 08/05/16 PM07
175555 次期首相は、、小池VS平沼?? 疾風怒濤 08/05/01 PM11
清和会 「或る浪人の手記」 08/04/26 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp