共同体社会の実現
173438 破綻寸前のベア・スターンズ会長、ブリッジ大会に出場
 
渡辺卓郎 ( 36 東京 設計士 ) 08/04/03 PM06 【印刷用へ
【ベアー・スターンズへの異例の支援 米政府に公的資金活用論- MSN産経ニュース リンク 】

ベア・スターンズ(BSC)は機関投資家向けの資産管理や証券投資コンサルティングを行う会社で、特にヘッジファンド向けの決済サービスに強く、アメリカ5大証券の一つとして知られてきた。また、企業買収の世界でも名を馳せ、強欲で倫理観の欠如した現在の投資銀行のイメージを作り出した銀行として知られる。

今回、BSCは公的資金の注入を受けたJPモルガンの迂回融資によって瀕死の所を救われた。特にサブプライム関連のMBSを中心にした債権取引部門の売り上げが全体の半分以上を占めており、激震が直撃した形だ。CDOを大量に引き受けているBSCが破綻したら、本当にアメリカ証券市場が崩壊するのは間違いなかった、と言うところだろう。

BSCの窓口に顧客が殺到する映像は見ることはできなかったが、オンラインを通じた取り付け騒ぎがあったことをCEOのシュワルツ氏が「資金流出があった」と認めている。窓口の客は適当にあしらうことができても、瞬時に押されるPCの決済ボタンにあらがうことはできないのである。
【BSCの株価グラフ 美しく切り立った垂直の壁 リンク 】

3月の第2週の週末を挟んでBSCの株価は2ドルまで落ちたが、山一の一時救済と同じ仕組みの「連銀特融」を発動して急場をしのいだ。(山一の場合は富士銀を通じた迂回融資)
【米ベアー・スターンズ救済=NY連銀、異例の資金供給−JPモルガンが仲介 リンク

そしてこのとき、BSCの会長Cayne氏は何をしていたのか、というWall Street Jurnal紙のコラムが話題になっている。
------------------------------
【ベア・スターンズ会長「マリファナとブリッジの日々」に批判 | WIRED VISION リンク 】
マリファナを吸ったりトランプのブリッジ・ゲームに興じたりというライフスタイルを満喫していた米証券大手Bear Stearns社会長、James Cayne氏について、米国の納税者たちが尻拭いをしている
------------------------------

アメリカ国民の税金が注入されたBSCへの緊急支援によって、紙くずになるはずだった株式は10.84ドルに反発した。そしてCayne氏はその全て売却、61億円の現金を手にしていたことが明らかになったという。そして上に挙げたように、BSC株が真っ逆さまに転落した週末は、携帯も持たずに10日間のゴルフ休暇を取り、さらにはナッシュビルのブリッジ大会(今年に入ってから少なくとも3回目)に出場していたというのである。しかも、あろうことかブリッジ大会が終わってからマリファナを吸っていたところを目撃されている。
【Bear CEO's Handling Of Crisis Raises Issues - WSJ.com リンク 】

>それどころか、最初に交換関係が登場した動機は、額に汗して
>働くよりも、(相手に>この品物が大きな可能性を与えてくれ
>ると信じ込ませることさえ出来れば)交換によって得る益の方
>が、ずっと大きいからである。
30709 超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である 】

BSC会長に比べれば、宮廷に取り入って宝石や絹を売りつける中世商人達の方がよっぽど誠実なように見える。証券取引はもはや騙しの手口の極北とも言えるが、そのトップ本人が、最も悪質な詐欺師そのものであり、実在する吸血鬼なのである。
 
List
  この記事は 30709 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_173438
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
175361 現代の金融商品は、全て幻想であり、金融機関は騙しである 村田貞雄 08/04/28 AM03

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp