市場は環境を守れない、社会を統合できない
17260 マネー経済の急拡大
 
井上宏 ( 39 新潟 建築コンサル ) 01/11/28 AM01 【印刷用へ
「マネー経済」という言葉があります。これはお金を商品とみなしてお金自体を売り買いしたり、株を売買したりすることをさします。このマネー経済が1980年以降急激に拡大し、

1980年当時
  実物経済:マネー経済=9:1
2000年には
  実物経済:マネー経済=1:9

にひっくりかえっているようです。もちろん実物経済はこの間おおむね成長を続けたので、マネー経済が急激拡大したことを示しています。
(※実物経済とは、ものを買ったり、サービスを受けたりするときのお金のやりとりの事を指す。このデータは「経済ニュースが面白いほどわかる本」から引用)

これはどう考えたらいいのでしょうか?
ちょっとデータがないのでなんともいえないのですが、実感では自分のような一般人は、株や投資をやらない限りそれほどマネー経済に関与していないように感じます。
おそらく金融のプロたちが扱う量が急拡大したのではないでしょうか?以前巨額損失で問題になった金融派生商品(デリバティブ)や、M&A、株式相場を左右するための仕手戦、そして為替相場の操作のため・・・・それらのために世界を移動マネーが急拡大したのではないでしょうか?

これは、雪竹さんの言われる「歴史的役割を終えた」株式市場を含む金融市場がむしろ拡大していることを示すものだと思います。そして市場の闇の部分が1980年以降急拡大したことを示しています。

地域通貨の試みには面白い可能性を感じますが、この実物経済から遊離して急膨張したマネー経済の行き先はいったいどうなるのかちょっと見当がつきません。

 
List
  この記事は 17160 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_17260
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
【環境問題を経済問題に還元する】環境問題のニュースが面白いほどわかる本 「ぱふぅ家のサイバー小物」 08/12/08 PM09
191420 レバレッジ(乗数金融)の原理 井上宏 08/11/04 AM08
ユーロ、国民国家、世界通貨 「晴耕雨読」 08/10/08 AM09
181160 マネー(非実体的)経済は社会に何も貢献していない パンダマン 08/07/13 PM08
181052 市場社会の価格決定は騙しのシステムそのもの バスケットマン 08/07/12 PM00
171673 マネー経済〜7年前の投稿を読んで〜 HAYABUSA 08/02/29 PM05
165559 サブプライム危機の背後で世界を徘徊する、6000兆円の“ホームレスマネー” 矢ヶ崎裕 07/11/19 PM07
162554 グローバリズム化をもたらした無国籍マネー:ユーロダラー @ 井上宏 07/10/02 AM02
資本主義は“先送り主義”ではなく“先取り主義” 「晴耕雨読」 07/07/14 PM04
147553 市場とは、欺き欺かれる場。 阿部佳容子 07/03/19 PM08
136098 グローバルスタンダードが米国の経常収支の大赤字を埋める 庄恵三 06/11/01 AM06
98737 小泉のペテン経済の一環 匿名希望 05/10/08 PM00
87505 お金の価値の暴落 岸良造 05/03/17 PM06
28476 金融のプロの存在 匿名希望 02/04/12 AM00
17779 手の切り方が問題。 新井弘 01/12/04 PM08
17661 マネー経済拡大の原因 @バブル経済化 井上宏 01/12/02 AM00
17480 マネー経済の行方 雪竹恭一 01/11/30 AM00
17478 彷徨えるマネー 辻一洋 01/11/29 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp