学者とマスコミはグルで頭脳支配
172559 「抗うつ薬は重症患者でのみ有効」と言う記事⇒精神科医や製薬会社は儲かれば良いのか?
 
森羅万象 ( 不惑 森 万象 ) 08/03/16 PM11 【印刷用へ
■Yahoo!ヘルスケア - コラムリンクに「抗うつ薬は重症患者でのみ有効」と言う記事がありました。
●この記事には以下のような記述がある。
「これらの抗うつ薬を重症うつ病患者以外に処方する理由はほとんどなく、うつ病患者は薬物療法なしで改善する可能性がある」と結論している。
 重症患者にしか効かない?薬を売り、おまけに副作用で自殺者まで出している(155678 <抗うつ剤>「パキシル」服用の自殺者増加 副作用の疑い)。
 精神科医や製薬会社の社会的責任はいったい、どうなるのか?
 下記の、米国精神医学学会や米国研究製薬工業協会の言葉には自己正当化以外、何の誠意も見られず、更なる治療法と称して新たな市場を作ろうと言う作為までをも感じてしまう。
 参考⇒153352 捏造された新市場(精神疾患と専門薬)2
 >事実を追求し皆で共認形成していくことがどれほど重要か、そして、
  マスコミの報道を鵜呑みにする事がどれだけ危険なことかを再認識さ
  せられました。
・・・まったく、同感です。

〜以下引用〜
 さまざまな重症度のうつ病患者に対して、Prozac(プロザック:日本では未承認)などの抗うつ薬が広く処方されているが、これらの薬剤は最も重症のうつ病患者にしか有効でないことが、新しい研究によって示唆された。
 英ハルHull大学(ヨークシャー)心理学教授のIrving Kirsch氏らは、米国食品医薬品局(FDA)に試験結果が提出されている35の抗うつ薬の臨床試験のデータを収集。対象の抗うつ薬は、fluoxetineフルオキセチン(商品名: Prozac)、venlafaxineベンラファキシン(商品名: Effexor)、nefazodoneネファゾドン(商品名: Serzone)、パロキセチン(商品名: パキシル)であった。(編集注=英文の製剤は日本では未承認)
 分析の結果、軽度または中等度の患者では、抗うつ薬の効果はプラセボ(偽薬)と変わらず、試験開始時に最も重症であった患者でのみ抗うつ薬が有益であった。この結果に基づき、Kirsch氏らは「これらの抗うつ薬を重症うつ病患者以外に処方する理由はほとんどなく、うつ病患者は薬物療法なしで改善する可能性がある」と結論している。この知見は、医学誌「PLoS Medicine」オンライン版2月25日号に掲載された。
 米国精神医学学会(APA)次期会長のNada Stotland博士は、「薬物療法が有効な患者もいるが、軽度から中等度のうつ病では、心理療法が有効なこともある。患者の70〜80%が個別療法、家族療法、薬物療法のいくつかを併用して改善するという研究報告もある。今回の知見は、うつ病治療には個別的な適応方法が必要で、最も有効な治療法には複数の方法が含まれることが多いという事実を示すもの」と述べている。
 米国研究製薬工業協会(PhaRMA)のKen Johnson氏は、この知見に対して「抗うつ薬など薬剤に対する反応が患者によって異なるのは事実。だからこそ、さまざまな治療選択肢があることが重要で、それによって患者はそれぞれが最も有効な治療を受けることができる」と述べている。
〜引用終わり〜
 
List
  この記事は 153352 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_172559
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp