共同体社会の実現
170717 捏造された「必要」ももう限界
 
新川啓一 ( 48 神奈川 建築家 ) 08/02/11 PM11 【印刷用へ
>つまり、『必要か否か』という最基底の、それゆえ真っ当でシンプルな『判断の土俵』(=新しい演場の基礎)が出来てくると、国家も市場も全面的にその土俵の上に乗らざるを得なくなり(∵逃げ道はない)、そこでの評価指標=身分やお金は『現実に必要か否か』を表わすモノサシに変質せざるを得なくなる。


「必要か否かの判断の土俵」は、物的豊かさという目標溶解によって再生されつつある。

市場の観点からすれば、「必要か否か」という判断軸の広がりは致命的であり、何としても「必要」と思わせなければならないことになる。

もはや、人々が物的豊かさを求めては物を買わなくなった現在、それに替わる市場を何としても作り出そうとする足掻きの一つが、人々の社会収束に応えるかのように見せかける、環境配慮やリサイクルなどを売りとした商品群への転換誘導、あらゆる業界や国家を挙げてのキャンペーンだろう。

しかし実態は、現在起きている環境問題の根本原因が市場延命にあり、捏造された「必要」に踊らされているだけであることは透けて見えつつある。

最近の事例では、リサイクル商品(紙やプラスチック製品など)が実はリサイクル原料を(表示%まで)使用していなかった事例など、結局利益優先の捏造市場であることを象徴している。

国家やマスコミの「必要」に踊らされることなく、事実を追求し「必要か否か」をみんなで考え始めた時、本当に市場は、人数を最先端の評価指標とする「新しい演場=社会統合サイト」に呑み込まれて行くのだと実感できる。
 
List
  この記事は 33995 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_170717
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
本能と観念の中間領域とは霊長類の世界では?
哺乳類の性闘争本能
ゴリラ、テナガザル、オランウータンと人類
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
原猿の縄張り闘争と子供の集団への残留
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
原猿→真猿→人類のメスの共認回路@
原猿→真猿→人類のメスの共認回路A
真猿の同類闘争と共認機能
縄張り闘争と同類闘争
同類闘争の安定化と衰弱の一般則
農業・百姓を通して見た現代人−A
チンパンジー
種間闘争→大型化の矛盾と特殊解
サル時代の婚姻様式
特殊解としての大型化→性闘争→子殺し
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
共認回路と自我回路
力の論理と共認機能
自我の源泉は、共認の部分否定にある
序列闘争は、共認されている
原猿類の生態(資料です)
驚くほど人間っぽい
原哺乳類と原猿の進化について@
真猿の進化史
アジアにおける原猿〜真猿への進化(3)
親和・性充足の強化による秩序維持の例
相手と自分を同一視する潜在思念

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp