暴走する悪徳エリートの所業
168156 事実収束の顕在化
 
dou ( 20代 ♂ ) 07/12/30 AM01 【印刷用へ
公募で決まる日本漢字能力検定協会による2007年の漢字が「偽」という字になったとの報道には、納得しながらもいい気がしなかった人が多いだろうと思う。

しかし、これも考えてみれば次の段階へと進む一歩とも捉えられそうだ。

今年、これだけ「偽」に関連するような報道が相次いだ背景に国民の事実を知りたいという意識が存在することに議論の余地はないだろう。つまり、以前から誰もが薄々感じていながらもごまかし続けてきた、若しくは隠蔽されてきた事実が、国民の事実収束潮流によって少しずつ白日の下に晒され始めたということだ。その意味では可能性への流れとして捉えることもできるだろう。

しかし、それらの実現にはまだ足りない。可能性の実現を阻む、未だ残されている大きな「偽」として、(権力者→)マスコミによる世論誘導、捏造報道を始めとする世論支配がある。

確かに今年、マスコミは多くの「偽」を報道した。しかしそれらの報道がなされた背景を考えると、大きく次のふたつの要因に拠るのではないだろうか。
ひとつは国民の事実収束へ向かう意識、行動に動かされて(仕方なく)報道したという流れ。この面では決してマスコミが事実を明らかにする方向に主体的に向かっていったわけではない。
もうひとつは権力者の利権争い、金儲けのための布石として世論誘導を図ったという流れだ。
そして、後者の方がより大きな要因であろうと思われる。

その証拠に、現在明らかにされつつある本質的と思われる「偽」の多くはマスコミよりも事実追及という点において遥かに先をいっているブログetc.によって事前に明らかにされていた事実の後追いである。また、るいネットでも非常に多くの指摘がなされているように、マスコミ報道には本質問題を隠蔽し、(意図的に)目先的な現象のみ報道しているようなものが目立つ。実際、典型的な事例としてはアメリカからの年次改革要望書の内容やその日本政府の政策との関連性、大企業の不祥事etc.のように、マスコミを支配している権力者にとって都合の悪い情報についてはまるで腫れ物にでも触るかのように、ほとんど報道しようとはしない。
また、事実を知ろうと様々なことを調べ、社会について真剣に考えている人ほどマスコミ離れ、マスコミ不信が強いという傾向が明確に存在するのもその傍証だろう。

かつてのような私権原理による社会統合が不可能になり、人々の意識=世論が最大の力を持つようになった現在、マスコミ(=権力者)の都合のいいように世論が作られているという事態は上記のような可能性の実現を阻む、忌々しき問題である。
しかし、川井さんが仰るように、確実に反マスコミ潮流は高まっている。その流れを受け、2008年こそ、マスコミの「偽」が情報操作を超え、世論となっていくであろうと思う。
 
List
  この記事は 167601 ブログ1 ブログ2 ブログ3 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_168156
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
書く人 読む人 伝える人 そして頑張る人 「らんきーブログ」 07/12/31 PM02

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp