サル社会を解明しよう
1572 何故、共認機能が重要なのか?  
 
北村浩司 ( 壮年 滋賀 広報 ) 01/03/17 AM00 【印刷用へ
 引き続き、共認機能について、整理させていただきます。

<サル学の特殊性> 

 サルとはいかなる存在であるのか?を考える上で考慮すべき問題があります。  それは、一般の学問と違い、新しい報告ほど正しいとは必ずしもいえない、という問題です。

 その理由は、人間の手によって森林が破壊される等、サルの生態環境が年々破壊、改造されているからです。
 従って、サルを考える場合、現在の行動様式に加えて、サルのもともとの生態環境を考慮した上で、補正を加えるという方法が必要となります。

 その点で、現在の人間に追われて群れの数が著しく減少していたり、ましてや餌付けされ飼いならされたサルは、本来のサルの姿とはいえません(現在の飼い犬と、野犬やオオカミを同一視するようなものです)。


同類闘争という課題>

 サルの一番の特徴は、他の動物と違って、専ら同類との闘争(サル集団同士の縄張り闘争)が第一課題であることです。
 そうなった理由は、樹上に棲息できることにあります(正確に言えば、肢の指で枝をつかめ、枝を自由に渡り歩ける)。

 樹上は、木の実などの栄養価が豊富で、かつ逃避場所として最適です。 つまり、そのような最高の空間を、サルという種はほぼ独占出来たわけです。

 ですから、人間が森を侵食するまでは、ほぼ森林という森林は、サルがほぼ許容量一杯までに繁殖していたことが、容易に推定されます。
 そのような空間なので、外敵(他動物)との闘いは第二義的となり、サル集団同士の縄張闘争(同類闘争)が、サルにとって第一義課題となります。

<戦闘集団における共認機能の重要性>

 過密化した中では、激しい同類集団同士(あるいは異種のサル同士)の縄張闘争が、激しく戦われていたと思われます。
 この同類の集団同士が、日常的に緊張関係にあることも、本能で対応できない状態です。
 かつ、この集団は戦闘集団です。恐らく、強い結束と(恐らく指令投割も)が必要です。

 だからこそ、サルは新たに獲得した共認機能に収束し、まず意思の伝達や、それに対する仲間の評価をつかむ機能を強め(ボディランゲージや表情の読み取りによって)、仲間の評価を羅針盤にして、行動に対するプラス、マイナスの評価を行い、役割や規範を形作っていった訳です。

<環境の激変>

 ところで、現在はサルが激減しました。
 よって相手集団という最大の圧力がなくなり、いわば無圧力化した状態です。

 前記した現在のサルが、本来のサルの姿とはいえないというのは、このような理由です。
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_1572
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
172284 「ヒトはサルから進化した」というのも決して間違いではない 羽田 08/03/12 AM10
120615 原点はやはり「サル学」から学ぶべきでは? 中村康次郎 06/06/13 PM07
112325 サル学って何? ぷっち 06/05/09 AM00
112292 現在のサルも本来のサルでは? 小俣こずえ 06/05/08 PM09
112282 サル学の危うい価値観って何? 田宮礼子 06/05/08 PM09
112264 現在のサルは、ほとんど「飼いサル」? 茜雲 06/05/08 PM08
112261 大学で教わったサル学 宮部文香 06/05/08 PM07
103036 細分化するだけでは答えはでてこない 磯貝朋広 05/12/22 PM11
96427 現代の人間に飼われているサル 井川民夫 05/08/25 PM09
93594 現在の事象だけでは語れない 琵琶湖 05/06/29 PM10
92268 ただ、そこにいるだけで・・・ 井上翠 05/06/07 PM11
89823 細分化された猿学から捉えた「ヒト」!? 石川笑美 05/04/30 PM11
89435 サル学でも外圧状況を捉えることが重要 宮崎未帆 05/04/23 PM10
89431 猿害にみるサル集団 馬場康一郎 05/04/23 PM10
86004 同類闘争という圧力=活力源の獲得。その大きな転機。 田宮昌明 05/02/20 AM01
85979 何の為の同類闘争か? 大嶋洋一 05/02/19 PM10
83742 チンパンジーの縄張りは広範囲に及ぶ 橋口健一 05/01/08 AM00
83114 現存のサルと人類の距離 浅野雅義 04/12/24 PM09
83082 サル学は何のためにあるの? 中瀬由貴 04/12/24 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp