暴走する悪徳エリートの所業
155020 年金制度はどうなる?
 
匿名希望 ( 女 ) 07/06/23 AM01 【印刷用へ
>国民すべてに『商品価値がないもの』を餌に『成果圧力が一切かからないピラミッド構造にある』制度に、一切の意思確認をせずに『強制加入させている』点で、勧誘対象者が断ることも可能であるねずみ講よりも、かなりたちが悪い、悪質な制度なのではないでしょうか。(68006

まったくその通りです。会社員なら、本人の意思に全く関係なく、給料から年金代を天引きされてまいます。いくら払いたくないと主張しても、全く無理な状態です。給与明細書をじっくりみると、それも結構な額を払っていることに気づきます。働きはじめてからの金額を考えると、それはまたとんでもない額なんだと・・・・

最近、年金問題がずさんな年金手帳の管理のことで話題となっているが、この機会に、徹底的に年金制度について考え直さなければならない時期であることは間違いない。長年一生懸命働いてきて、「私の老後に年金はいくら貰えるのか?」ということは、確かに個人レベルで重要な事ではある。しかし、年金制度が実際に破綻していることが明らかな今、この問題は、人まかせにはできない、みんなで考えていかなければならない重要な課題である認識を持たなければならない。
 
List
  この記事は 68006 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_155020
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
自我ではなく、共認こそ原点である
自我とは?(フロイトとラカン)
個人主義<=>全体主義 と、利己主義<=>利他主義
現実否定の自己欺瞞
社会運動の自己欺瞞
市民という言葉の欺瞞
自然法、基本的人権とは何か−1
自然法、基本的人権とは何か−2
自然法、基本的人権とは何か−3
前夜の意識状況3 無用となった感応観念(価値観念や規範観念)
構造認識の現況1 否定意識や自我観念から脱却できない近代人=現代人
構造認識の現況2 特権知識階級の商売道具と化した「構造認識」
構造認識の現況3 既成観念の全的否定
観念パラダイムの逆転1 現実捨象の倒錯観念から、観念捨象の現実直視へ
観念パラダイムの逆転2 現実否定の倒錯思考
観念パラダイムの逆転3 現実とは、人々の意識である
「現実=自分自身」は事実認識(構造論)の核心部
新たなグランドセオリーとしての実現論1−グランドセオリーとは何か
新たなグランドセオリーとしての実現論2−傍観者、あるいは引きこもりとしてのアカデミズム
近代思想は宗教と同根
新しい潮流4 言葉それ自体が引力を持ち得ない時代
若者が実感できる『旧観念』
「何でだろう?」を封印してきた価値観念
同化に不可能視はいらない
相手の感情を前提にしたら『権利』など崩壊する

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp