マスコミに支配される社会
150733 朝日の捏造・・・1 何らの被害の声も出ていない類塾に、突然襲い掛かった朝日・・・
 
岡田淳三郎 ( 60代 大阪 経営 ) 07/05/02 AM10 【印刷用へ
これまでマスコミは様々な企業や団体を叩いてきた。しかし、それはそれらの企業や団体が違法行為を犯している場合、あるいは被害者を生み出している場合に(つまり、叩くべき理由がある場合に)限られていた。
ところが、今回、週刊朝日は、その大きな世論形成力を使って、突然、何らの違法性も被害の声も出ていない類塾に対して、「異様な性思想・・・」という見出しで、あたかも「類塾が異様な思想教育をしている」かのようなイメージを読者に抱かせる捏造記事を掲載した。
これはチンピラ・ゴロツキよりタチが悪い、極めて悪質なテロ攻撃である。

朝日の記事が、全く事実無根のでっち上げであることは、すでに類塾本部がチラシ等で明らかにしているので、まずはそれを再掲しておきたい。

--------------------------------------------------------------
○類塾では、教科以外の思想教育は一切行っていません、この点は、
 保護者から生徒たちに確認してもらえれば完全に証明できます。
○本格コースは、生物史や人類史の学習がメインで、「なんで?」
 思考の面白さを生徒に感じ取ってもらうことが目的です。
 この点も、本格コース受講生の、授業の中身を要約した投稿が、
 類塾ネット(「生物の進化と人類の歴史」の会議室3500投稿)に全て
 掲載されていますので、ご覧いただければ、朝日の報道が、全くの
 捏造であり、事実無根だということが証明される筈です。
--------------------------------------------------------------

類塾は、既に32年の歴史を持っているが、その間、保護者や生徒から「思想教育」云々という類(たぐい)のクレームを受けたことは唯の一件もない。つまり、何の被害も生み出していないし、もちろん何らの違法性もない。
にもかかわらず、週刊朝日は「異様な性思想」という独断と偏見に満ちた見出しで、一中小企業に過ぎない類塾を攻撃した。

私は、世の識者に広く訴えたい。
もし、マスコミの好き嫌い(独断と偏見)で、対象を「異様視」させるような報道が許されるのなら、マスコミは標的とする企業や団体に、極めて深刻なダメージを与え、潰すことも可能になる。
そんなことが許されていいのか?標的となった企業や団体の「思想の自由」や「結社(あるいは経営)の自由」は踏み潰しても良いのか?
これは、朝日による思想の弾圧であり、健全な企業に対する極めて悪質な営業妨害である。

もはや、黙ってはいられない。類は、週刊朝日を営業妨害と名誉毀損で告訴する。
そこで、これまでマスコミの標的となり、大きな損害を被りながら泣き寝入りするしかなかった人々に呼びかけたい。共に手を携えて立ち上がろう。今や、社会の凶器と化した(一部の)マスコミの実態を暴き、あるいは抗議文を送り、可能なところからどんどん告訴してゆこう。
 
List
  この記事は 149825 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_150733
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
152186 今や朝日ジャーナリズムとは日本を蝕み、日本の崩壊をくわだてる獅子身中の虫 TAB 07/05/21 AM00
151112 ”捏造”は今の時代最大の社会悪である 喜田育樹 07/05/07 AM03
150734 朝日の捏造・・・2 元社員の「証言」が真実か否かのウラも取らずに・・・ 岡田淳三郎 07/05/02 AM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
超国家・超市場論1 新しいまつり場は、国家と市場を超えられるか?
超国家・超市場論2 闘争(能力)適応 と 共生(取引)適応
超国家・超市場論3 置かれた環境を貫く 闘争圧力を把握せよ
超国家・超市場論4 同類闘争の圧力と共認統合の限界
超国家・超市場論5 私権闘争・掠奪闘争をどう止揚・統合するのか?
超国家・超市場論6 生存圧力に基づく同類闘争から、同類圧力に基づく同類闘争=認識競争へ
超国家・超市場論7 私権闘争を統合した 力の序列共認
超国家・超市場論8 国家(力の序列共認)と その統合限界
超国家・超市場論9 私権闘争の抜け道が、交換取引の場=市場である
超国家・超市場論10 何をするにもお金がかかる社会
超国家・超市場論11 市場は社会を統合する機能を持たない
超国家・超市場論12 市場の拡大限界は、国家の統合限界でもある
超国家・超市場論13 人類の新たな活力源=圧力源
超国家・超市場論14 外向収束⇒認識収束に応える『認識形成の場』
超国家・超市場論15 『認識形成の場』こそ、新しい社会統合機構の中核である
超国家・超市場論16 ゼロから、自分たちの『場』を作る活動
超国家・超市場論17 新しい社会統合機構が、国家機関を吸収・解体する
超国家・超市場論18 認識形成の『場』を構築することこそ、真の社会活動である
超国家・超市場論19 もう、傍観者=インテリ統合階級は、要らない
超国家・超市場論20 認識形成は遊びではない、生産活動である。
超国家・超市場論21 『認識形成の場』が、なぜ有料化されるべきなのか?
超国家・超市場論22 お金は、現実の必要度を測るモノサシ
超国家・超市場論23 『必要か、必要でないか』という真っ当な判断の土俵が出来てゆく
超国家・超市場論24 必要か否かの『判断の土俵』が、国家と市場を呑み込み、解体し、再統合してゆく
超国家・超市場論28 新しい可能性が顕在化するとは、どういうことか?
超国家・超市場論29 新しい『場』は、古い評価指標の洗礼を受けて、はじめて顕在化する
超国家・超市場論30 実現の論理
判断の土俵と解体・再統合 大学の例
判断の土俵とは、人々の潜在思念が作り出した共認圧力の場
『必要か否か』が環境問題に対する基底的な答えになる
社会統合組織の史的総括 国家と教団
社会統合組織の史的総括 市場と演場
大衆の期待の変化に応じて統合力も変わってゆく
マイナス原因構造とプラス実現構造という両輪
支配階級の私有権は絶対不可侵だが、庶民の私有権は剥奪され得る

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp