古代市場と近代市場
147847 西欧近代:宮廷ユダヤが王族への借金をカタに近代国家システムを形成
 
南風小僧☆ ( tennenoyaji simaguni ) 07/03/23 PM11 【印刷用へ
近世以後、ヨーロッパではユダヤ人たちが国王に財務担当として仕えるようになり、国家経済を掌握するとともに、政略結婚を通じてみずからも貴族となっていった。ここに現在の、近代国家システムと闇の支配勢力の原型がある。

>16世紀末、封建制と資本主義の過渡期的政体、「絶対主義王政」を担う形で、中欧では富裕層の中から「宮廷ユダヤ(ホッホユーデまたはコート・ジュー)」が登場、新政体下で完了や宮廷の維持費、外征の戦費などの予算拡大に苦しむ君主の財政を支えた。(146551

さらに、
・宮廷ユダヤ人( コート・ジュー)たちは、王様から借金証書(これが国債の元も形)を取って、大金を貸した。その借金証書の質( 担保)として新しい税金の品目を考え付いた。「王様、どうかこのお金を使ってください。その代わりに、私めに新しい税金を取り立てる権限を与えてくださるならば、きちんとお金を集めてみせましょう」と宮廷ユダヤ人(財務官僚) はいったのである。
・ついでに貴族や王族たちの娘たちと自分の息子を政略結婚させる形で、宮廷ユダヤ人たちは次第次第にヨーロッパ各国で自ら貴族の称号を身につけるようになったのである。これが近代国家なるものの本当の姿である。お札の発行権や国家借金証書の発行権などを、実質的に宮廷ユダヤ人たちが握るようになったのだ。
(「戦争経済に突入する日本」副島隆彦より引用)

ロスチャイルドやロックフェラーのように、現在の国家の中枢を握りながら、表にでてこようとはしないで、裏から表向きの権力者を操る。彼らような闇の支配勢力の原型は、宮廷ユダヤ人といえる。

近世、宮廷ユダヤは、身分や金融支配力を安定させるためにも、貴族や王族という旧くからの国家系の支配勢力と結びついていった。
整理すると
・まず戦争や贅沢にいそしむ国王に金を貸し、影響力を強めていく。
・借金の証拠として、借用証書(国債の原形)を書かせる。
・その借金証書をカタに、紙幣発行権を得る。(銀行を設立し、こんどは銀行から利子・期限付きで国王に貸し付ける。中央銀行の始まり。)
・さらに、同じようにして、徴税権を得る。

→このようにして紙幣発行という、市場の血液である貨幣の発行と、徴税 (これも貨幣で)という回収手法を合わせて、大衆を巻き込んで市場拡大に邁進する近代国家システムが誕生した。これ以後誰もが貨幣欠乏の虜とならざるを得なかった。
その中核を担ったのが、王族にさまざまな政策をアドバイスしながらも、吸血鬼のように張り付いた宮廷ユダヤだった。

※彼らが、王族や貴族と結託しながら闇の支配勢力化していったのは、市場拡大に有利な市民革命→民主主義という政体を優先させたorせざえるを得なかったからだだろう。

 
List
  この記事は 147843 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_147847
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
175835 お金を借りたい側の意識も問題 まりもん 08/05/07 AM01
169708 「土地の個人所有」の概念→ 村落共同体解体→ 近代市場及び主権国家の形成 井上宏 08/01/26 PM00
165164 ユダヤ人・シオニストを批判すると犯罪人に? アメリカで制定されたとんでもない法律 tanvool 07/11/13 PM00
161971 19世紀末ユダヤが欧米の政界進出 →国家へ武器売付 南風小僧☆ 07/09/24 AM01
158368 『戦争経済に突入する日本』副島隆彦著
「見せかけの「景気回復」の陰で国が企んでいること」
猛獣王S 07/08/06 PM02
151270 宮廷ユダヤ人の実態 谷光美紀 07/05/09 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
新しい潮流7 同類圧力は、新しい認識によって生み出される
新しい潮流8 現実を対象化するための概念装置
新しい潮流10 外向仲間収束は、観客から協働者への移行の土台となる
新しい潮流11 外向仲間の拠点(収束核)が、認識形成サイトである
新しい潮流12 外向仲間の本質は認識仲間である
新しい潮流13 認識仲間の実現基盤
新しい潮流14 社会空間における本源共認の実現形態
認識形成サイト1 認識仲間の演場となる拠点サイト
認識形成サイト2 単なる共鳴・伝播と参加・協働の違い
認識形成サイト4 市場原理の観客読者と本源原理の協働読者
発信欠乏は、喉元まで出かかっている
認識の営業は、相手を選ばない
対象は、ネットに馴染んでいない普通の人々
認識営業の『まつり場』こそ、『原初の社会』である
新しい社会の原基構造
認識を伝えた相手にも、同じ充足感を味わってもらう
認識営業の条件:対象はあくまでも新しい相手
私達は「気付き」始めた
本当にどんどん広がってる!
新たな世代間対立の始まり
みんな期待に応える場では、全員が供給者=需要者
サークルの引力と交流会の引力
バラバラだった社会現象が、交流会では繋がっていく
心斎橋(アーケード)路店でA
心斎橋(アーケード)路店でB
心斎橋(アーケード)路店でC
「次は、路上の時代になる!」と言い切った、その女の子。
共認運動の最前線(なんでや露店)と後方基地(なんでや勉強店)1
勉強って、こんなにも面白いものだったとは!
なんでだろう?を超えてしまった高校生
おばちゃんの表情に見る社会不全の表出
なんで屋さんはなんでも屋になれる
否定を超えて可能性基盤へ 
大衆の言葉の変化もプラス思考で
発信するために、受信する
ツイッターで、ひたすら皆の役に立つ事実を伝える。自らが媒体になりきる。

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp