共同体社会の実現
147733 必要か否か、の判断軸は市場を崩壊させるが、真っ当な共認形成を加速させる
 
渡辺卓郎 ( 35 東京 設計士 ) 07/03/22 PM09 【印刷用へ
確かに、自分を振り返っても、”必要かどうか?”という判断は、日々あらゆる場面で行っているように思います。
中でも、一番優先される判断軸となるのは、モノを買うとき。

食事なんかはあまり必要度を判断せずに食べていますが、ちょっとしたモノ(=物財)を買うときは、どんなにつまらないものでも”必要か否か?”の判断基準が生起します。

何か良さそうなものを見たとしても、この判断軸に立ち戻れば、ほとんどのモノはあまり必要でないことに気づかされます。そして、実際にそれを手に入れなかったからと言って、特に何も起こらないのです。

結局は、それは必要でなかった、と言うこと。

この行為が、貧困が消滅する'70年以前では、あまり一般的ではなく、専ら”買えるかどうか”、つまりは”買えるモノだったら何も考えずに買っていた”というのはある意味驚かされることです。

しかも、当時のテレビや洗濯機など、家電製品などは今とは比べものにならないくらいに高い。

例えば洗濯機の値段は昭和32('57)年で約2万3000円。
給料が今の1/20くらいの時代だから、43万円くらいということになります。現在の国産の全自動・乾燥機能・インターネット接続機能まで付属したドラム型最高級洗濯機でもこんなに高いものはありません。

43万円の洗濯機を今買うかどうか悩む人はあまりいないでしょう。必要な人は買うだろうし、逆に、お金をやりくりして苦労して43万円の洗濯機を買う人もいない。必要ない人は洗濯機などいらない、という人もたくさんいて、これらの人々は、まさに”買えるかどうか”ではなく、”必要か否か”の判断をしているのです。

現在、物財の購入場面ではこのように”必要か否か”の判断軸はあまねく普及していますが、新しい認識の必要度にせよ、解脱の必要度にせよ、まだまだ”自分にとって必要か”という判断にとどまっているのが現状です。

仲間のために、社会のために必要か?という判断の土俵に上がって初めて、新しい演場が形成されるのだと思います。

>物的商品」も「遊興・芸能」も、「新しい認識」も、
>全てが同じ土俵上で判断されることになる。こ
>の土俵こそ、人々の真っ当な共認が形成して
>ゆく新しい場=演場(の基礎構造)に他ならない。

この期に及んでは、未だに溢れている数多の不要な物財や、マスコミが扇動する何かのブームや一時だけのイベントなどは、人々の必要か否かという判断によって徹底的に駆逐されるでしょう。

それは、当然、市場の崩壊を意味し、従来の消費経済活動は成り立たなくなることを意味しますが、一方で、自分のためだけではない、社会のための真っ当な共認が生まれる契機になるのではないか、と思います。
 
List
  この記事は 33821 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_147733
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp