健康・食品・医療
144672 『<現代家族>の誕生−幻想系家族論の死』岩村暢子著
「こんな家庭に誰がした」
 
岩井裕介 ( 35 山口 再開発プランナー ) 07/02/11 AM08 【印刷用へ
<現代家族>の誕生―幻想系家族論の死
岩村暢子著/勁草書房/2005年6月
リンク

●本書は、『変わる家族 変わる食卓』(勁草書房/2003年4月)を書いた岩村暢子氏による現代家族を知るための実証考察学の続編。前書では、1960年以後生まれの151世帯の主婦による一日3食の食事の記録により、家庭の食卓が崩壊しつつあることを明らかにしている。本書では、どうしてそのような崩壊が起こったのかを、前書に登場した主婦達の実母40人へのインタビュー『「親の顔が見てみたい!」調査』により検証したもの。

序章は「いま、ごく普通の家庭の日常の食卓は、想像を絶するほど凄まじく崩れ、激変している」という衝撃的な出だしからはじまるのだが・・・

ポイントは、現在の親たち(1960年以降生まれ)の母親世代の成育歴と価値観。
その世代の特徴として、

(1) 戦中・戦後の食糧難時代に成長期を過ごし、昔ながらの家庭の食を食べることなく育ったこと

(2) 戦前・戦後の価値観の転換や高度成長で次々に新しい電化製品や便利な加工食品が登場したこと、テレビや雑誌の情報などを通して、かつてのスタイルを拒否(否定)し、常に新しいスタイルに追いついていくべきと考え、それを実体験したこと

(3) 高度成長期の日本経済の恩恵を最も受けており、十分に子供に資金や時間をかけて育てていること、また自分たちのような苦労を子供達にはかけたくないという意識(→過保護)や自由放任主義志向(→個人・個性主義)も強かったこと

等々を挙げ、「現代主婦の食卓は、崩れるべくして崩れ、激変すべくして激変した」、それは「当然の結果だった」ことが論証されている。

また終章では「今日浮上しつつある深刻な家族問題や奇妙な社会現象のいくつかは、このような家族の歴史の上に、今ようやく顕在化し始めたことのように思えてならない」と結んでいる。

著者の言うように、食の崩壊のみならず、子育て崩壊、家庭の空洞化(「中身」の喪失→家庭幻想の死)の問題として捉えるべきであり、その意味で、昨年の教育再生会議で議論された「家族の日」云々といった『幻想系家族論』は全く意味を成さない=既に死んでいる、といってよいだろう。


●本書目次
序章 食の崩れの原因を求めて

第一章 結婚した娘をもつ母親たちの奇妙な発言
 1 自慢じゃないが娘は料理上手
 2 娘の料理は食べたことがない
 3 崩れた食でも娘には言わない
 4 娘に料理は教えなかった

第二章 元祖新人類の母親たち
 1 「食」の原点を喪失した女たち
 2 真似したくなかった昔ながらの食事
 3 「習う」ことなくさせられた「お手伝い」
 4 料理学校へ行き始めた女たち
 5 墨塗り教科書──「新教育」で育った女たち
 6 古いものを否定した女たち
 7 働き出した女たち
 8 遊び始めた女たち
 9 夢は「家つきカーつきババア抜き」

第三章 激変する台所と家庭の食
 1 卓袱台を捨てた主婦たち
 2 コンロから電子レンジまで、台所の激変
 3 便利な家電と家族の変化
 4 都市化と食のクロスオーバー
 5 日本の食が変わった時代
 6 「新しいもの」「違うもの」がご馳走
 7 インスタントと食の近代化
 8 「素材発想」から「メニュー発想」へ
 9 「素」がなければ作れない

第四章 「新専業主婦」の誕生
 1 電化を急進させた家庭
 2 テレビとマスコミ時代の始まり
 3 情報を消費する主婦たち
 4 出かけずにいられない主婦たち
 5 「新専業主婦」の誕生
 6 オーブンの購入と趣味化する家事

第五章 「お子様」時代の始まり
 1 「お子様」時代の始まり
 2 経験者の知恵より「育児情報」
 3 育児書と変わる育児
 4 ウチの娘も「習い事」
 5 「好き嫌い」のない子供たち
 6 「子供中心食」家庭の始まり
 7 年中行事より子供の誕生会

第六章 「伝えない」「教えない」母親たち
 1 子供の意思を尊重したい
 2 「個性尊重」だから無理させない
 3 人それぞれ、いろいろあっていい
 4 理由があれば、何でもアリ
 5 一応、一通り、とりあえず、人並み
 6 「普通」であれば受け入れる
 7 見た目よければ、それでよし
 8 時代、時代で変わるから
 9 「続ける」より「乗り換え」が大事
 10 「御節」という集団幻想

第七章 「してあげたい」「してあげる」母親たち
 1 「してもらう」手伝いから「させてあげる」手伝いへ
 2 「なんとかなる」から教えない
 3 伝えられない「お袋の味」
 4 「してあげたい」母親たち
 5 娘が「かわいそう」「大変」

第八章 「お楽しみ」繋がりの三世代
 1 文句を言わぬ男たち
 2 アクティブシニアミセスの誕生
 3 「お楽しみ」繋がりの三世代

終章 <現代家族>の誕生──そして必然的に食は崩れた

あとがきにかえて──幻想系家族論の死
 
List
  この記事は ブログ1 ブログ2 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_144672
  ※トラックバックは承認制となっています。

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp