子育てをどうする?
141690 未婚女性が抱く「出産や子育ての不安」はどこからくるか?
 
猛獣王S ( 30代 東京 営業 ) 07/01/06 PM05 【印刷用へ
未婚女性の9割「出産に不安」(パソナ調べ〜2006年12月12日/日経産業新聞)リンク
>未婚女性の88.7%が将来子供が欲しいと考えているものの、同時に89.1%が出産や子育てに不安があるとの結果が出た。
>調査は同社のウェブサイト上で派遣社員や正社員、主婦、休職中などの女性を対象にアンケート方式で実施した。

私の周りの女性(主に30代)を見ても、決して「結婚出来ない女」ではなく、「結婚したくない女」が多い、理由は子育て不安発が大半です。客観的に見てもいいお母さんになりそうな女性が、「いつか子供は欲しいけど、今は子供を育てていく自信が無い」と言い続け、結果30代,40代へと年齢を増やし続けているのが現状です。

その不安→自信が無いという思いは、いったいどこからきているのでしょうか?

>出産・子育てへの不安に関して「経済的なこと」を挙げた回答は64.4%に達した。出産費や子供の医療費、保育費などへの支援を望む声も寄せられた。

果たして「経済的なこと」が本当に子育て不安の要因でしょうか?

戦時中などの貧困時代に5人や10人の兄弟がいる家庭が多いにもかかわらず、貧乏人がいないほど豊かな現代において少子化が止まらないのだから、「経済的理由」では全く説明がつかずむしろ矛盾しています。

にもかかわらず政府は「少子化要因は経済的理由」と決め付け、「少子化対策を一生懸命やっていますよ!」「そのためにたくさん予算を組んであげていますよ!」と、税金をジャブジャブ使う己を正当化しています。
リンク
>「少子化関係予算」は12.3%増・07年度、政府発表
>政府は26日、2007年度の少子化関係予算が今年度比12.3%増の1兆7064億円になると発表した。

少子化要因の構造を間違って捉えているのだから、いつまでたっても女性達の不安解消されないのは当たり前です。現代の女性は、倒錯した政策しか出せない政府の犠牲者と言っても良さそうです。更に安易に税金を投入することで国の借金を増やし続けています。我々も、目先に走らされ余計に思考停止してしまい、ますます社会を閉塞させているのだから、政府の行為は犯罪的だとも言えます。もはやプロ任せにしている以上、状況が変わるどころか悪化し続けるのは明白です。

女性の不安の中身は「経済的なこと」が第一ではなく、事実上子育てが自分一人の課題になってくることあると思います。社会のみんなが守ってくれるという安心感を持て、安心して生活でき、安心して子育てできる社会であることが実感できれば、子育て不安は無くなるはずです。

キーワードは「安心して暮せる社会を作ること」だと思います。まずは、素人の我々がそんな社会を目指すことから始め、そのためにはどうしたらいいかを考え発信することで、子育て不安を解消できる可能性を開いていければと思います。

 
List
  この記事は 98313 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_141690
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
179473 未婚と言う層が急増中⇒その種は絶滅種である。 猪飼野 08/06/19 PM11
162322 新たな可能性の芽生えかも。 ルル 07/09/29 AM06
144158 子供は大人の外圧向かって闘う姿に同化していく デラウェア 07/02/05 AM00
142330 社会不全を感じ取った女たちは、子供を産めないでいる なかめんた 07/01/14 PM03
141792 結婚、出産、子育て 誰もが一人で抱え込むから不安は無限に加速する。 山田太郎 07/01/07 PM11
141756 『理想のお父さん像』アンケート調査 走馬灯 07/01/07 PM03
141728 「経済支援」は現代の倒錯(欺瞞)観念? 匿名希望 07/01/07 AM03
141703 「健全な子供を育てられるか?」という不安 三輪歩未 07/01/06 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp