私権社会の婚姻制
14145 処女観、初交観
 
阿部和雄 ( 41 東京 設備士 ) 01/10/21 AM00 【印刷用へ
芸妓の世界でいう「水揚げ」は、お金に置き換えた処女の価値です。結婚相手に処女を願望(現在は本当に願望でしょうが)するのも独占欲を満たすための「俺の女」の価値です。

そこにあるのは「めったに手に入らない貴重なもの」という意識。独占したくてたまらない「女の性」のさらに高みにある価値。「この俺がはじめての男なんだ。そしてこれから先、ずっと俺が唯一の男となるんだ」といった独占意識の至高の喜びみたいなものがうかがえます。

一対婚を基盤にすえる私権社会ではこの処女願望がよりつよい(強かった)ように思います。また経済力や権力に応じて一夫多妻が認められている場合もありますが、ここでの処女願望もきわめて独占意識が強く入り込んでいるように感じます。

しかし、いっぽうで古くから伝わる少数部族の風習の中には、女の処女権はすべて族長に委ねられているケースや、日本の旧い農村のように、娘仲間で熟年、老年の男を選出し、双方が合意すれば初交が成立するというおんな側からの「処女夜這い」もありました。

これらは、男の資格や経験にもとづき初交を認めるといった性規範の例ですが、ここでは独占の願望など問題外のことになります。みんなから認められる男になることや、しっかりとした経験をつみ娘達から敬愛されることがまず前提であって、単なる願望や、お金のような価値とは次元の違う処女観(初交観)であったように思われます。

女性の初交というのは、その女性が後にどのような性充足を得られるか、という点でもとても大切なことです。

処女は「いい女」の原石である。そしてみんなが認める「いい男」と初交を経験することは女にとって幸せであり、その後「いい女」になるための大事なステップである。という処女観、初交観は本当の意味で女性を大切に思い、敬愛していることになるのではないでしょうか。
 
List
  この記事は 14081 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_14145
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
14208 RE:処女観、初交観 柳瀬尚弘 01/10/22 PM11
14185 初交観?? 阿部佳容子 01/10/22 PM10

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

「合同板」必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
オス・メスの事実の確認
オスメス分化の塗り重ね構造
雌雄分化における統合
哺乳類のオスメスの庇護依存関係と原猿の雌雄共認との違い
哺乳類の性闘争本能
『性闘争本能から縄張り闘争へ』
原猿における共感機能の進化の流れ
原猿のメスについて
サル時代の婚姻様式
もともと、生物には親子関係など無かった
チンパンジーの娘移籍に関する仮説
エスキモー族に見る性関係
ネイティブアメリカンに見る「女性への賛歌」
【女主導の原理と現代への適用】番外編 シャーマンの性別分布
「性の探求者」シリーズ(1) 未開部族に見る性の追求 〜性は日常、性は充足源〜
「性の探求者」シリーズ(2) 赤松啓介に見る性の追求 〜日本人のおおらかな性〜
代々木忠の「自分とつながるための方法論」
チャネリングセックスとは、どのようなものか?
自我が邪魔をして心を開けないセックス
セックスで得られる10の驚くべき健康効果
共同体では、子供はみんなで育てる。
闘争と生殖の包摂@
闘争と生殖の包摂A
再読 日本婚姻史 「縄文から弥生への婚姻様式の変化」
■再読 日本婚姻史 「弥生時代の父系文化への移行〜父親観念の発生〜」
家族って何? シリーズ3.江戸時代 〜武家だけが血縁父子相続であった〜
家族って何?シリーズ5 明治時代 〜洗脳と法制化によって民衆は「家」と「国」に嵌め込まれていった〜
日本人はどのように恋愛観念を受容したのか?〜明治編@
女たちの充足力を日本史に探る7〜明治以降の一対婚様式が破壊したものとは
【家族って何?】シリーズ.8〜昭和後半から現代〜家族という枠組みは成立していたのか
恋愛至上主義ゆえに結婚制度が壊れ、家族が消失する
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(1)
家庭とは何か?1930年、高群逸枝はかく語る。(3)
男たちは、性闘争を放棄した
転換期の女たち
いい女は最強の充足媒体
男たちは 『力の基盤』 を失った
男女別学 −脳の差という視点で考える−
『目先ではダメ』だから少子化は進む一方
子どもにとって、「遊び」は最大の学習課題

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp