本能⇒共認機能⇒観念機能
13951 改めて自然との共認
 
田中素 HP ( 35 長崎 企画 ) 01/10/19 AM05 【印刷用へ
10276で「イカの気持ちが分かった」という脳科学者の話を紹介しましたが、ある対談集でそのことを自己分析していました。この体験のポイントは、彼がその中で語っていた次のような脳の構造にあるようです。

『心は知情意からなる、といわれますが、情が受け入れられ、脳活性が上がり、それによって知が働く』
(「愛は科学で解けるのか」新潮OH文庫より)

この「情が受け入れられる」というのは、いわゆる感謝の気持ちや肯定感で満たされた状態のことであり、松尾さんが例に出された「変性意識状態」を引き起こす「苦行」とは全く異なります。

ここで「自然との共認」という形で議論されているシャーマン的な能力とは、苦行から得られるマイナス捨象の回路ではなく、対象への限りなくポジティブな回路によって発揮されるものなのでしょう。おそらく、この2つは脳内で分泌される神経伝達物質の種類も異なると思われます。

このようなポジティブな意識状態が高まると、同時に極めて高い対象把握能力を脳が発揮し、人間同士はもちろん、樹木や作物の「気持ちが分かる」とか、「意識が同化した」という感覚をもたらすのではないでしょうか。

そこで発揮される対象把握能力が言語で説明できるレベルを超えたものだ(つまり言語自体が限界を持っている)と考えれば、それが単なる擬似感覚ではなく、後から科学的に検証しても正しいことが多いというシャーマニズムの不思議さも理解できるように思います。
 
List
  この記事は 13806 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_13951
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
110384 「日本人の心」だと思いました 後藤美奈子 06/04/27 PM05
106503 自我・私権意識が介入しない 鈴木康夫 06/02/28 PM09
105006 同化する 小林千春 06/02/02 PM05
104962 自然=癒されるというよりも同化=心地よい 嶺山志保 06/02/01 PM10
94264 自然に癒されたという意識 八代至誠 05/07/10 PM10
92943 癒し欠乏は、同化の始まり 中村英起 05/06/18 PM10
90797 「言葉」のなかに、もはや答えはない。 東努 05/05/15 PM08
87134 自然と同化するということ 志水満 05/03/10 PM10
86678 自然に癒される=共認回路を使う場に癒される 蝦夷穴 05/03/03 PM01
86482 求めていた充足感 田宮礼子 05/02/28 AM08
86237 自然への同化(精霊信仰)⇒共認回路の再生 Amethyst 05/02/24 PM01
85360 「自然・・・」一時的な逃避では問題は解決しない 今井勝行 05/02/08 PM10
85248 本来癒しとは共認充足 村上祥典 05/02/06 PM09
85239 自然の癒し効果 橋田和弘 05/02/06 PM04
84884 みんな期待の結晶=自然 鹿村幸代 05/01/30 PM08
84008 気功:同化のトレーニングとして  井上宏 05/01/14 PM10
14152 共時一体感覚にささえられる文字による共認 1 本田真吾 01/10/21 AM02
14149 実現課題に対するスタンス 宮川悠子 01/10/21 AM01

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp