本能⇒共認機能⇒観念機能
13806 「変性願望」批判
 
松尾茂実 ( 34 佐賀 経営コンサルタント ) 01/10/18 AM02 【印刷用へ
「変性意識」の存在については疑問を挟む余地がないですが、あまり普遍性を持っていませんし、「変性意識」に可能性を期待するのは間違いだと思います。

「変性意識」の事例としては、アブラハムが砂漠と山岳地帯を旅している最中に神から啓示を受けたり、インドの修行者が厳しい修行によって体験したり、現代でも修験道者が山奥で一週間寝食を絶って変性意識状態を経験しています。
 
変わった事例としては、宇宙飛行士の多くが神の啓示を受けて宗教家に転身したり、一時新聞をにぎわした法の華の教祖は、事業に失敗してガス自殺を諮った時に変性意識状態になったそうです。

これらの事例全てに共通していることは、肉体的精神的に追い込まれた状態で生じているということです。九死に一生を得る状況下で、変性意識へと転換する回路が脳内にあるようです。

この回路はサルから人類に進化する過程で作られたものと考えられます。

ミッシングリンクと言われるように、人間になってから数百万年間は人類の化石がほとんど見つかっていません。これは、人類の数が極めて少なかった、つまり生き延びたのが奇跡に近いほど厳しい環境だったことを意味しています。

素手では犬にさえ勝てない人類は厳しい自然外圧を前に、ドーパミンを大量に分泌することによって意識を強力にプラス統合したのです。
プラス統合はあらゆるマイナス条件を捨象して、僅かな可能性に収束します。運を天に任せるように行動を起こし、その結果、ほとんどは死んでいき、偶然といっても良い確率でしか生き延びれませんでした。

この回路が変性意識であり、マイナスを捨象しない限り意識を正常に保てないぐらいの外圧下で形成された回路です。現代のように自然外圧を克服した時代でそれに頼ることは、可能性どころか危険です。

「変性意識が全てを解決してくれる」という期待を持っている人が多いですが、とんでもないことです。そこで得られた「答え」は当たるも八卦の世界でしかないのですから。

「変性意識」が時代遅れであることを一番はじめに看破したのは、苦行を否定した釈迦であり、2500年も前のことです。
現代の人類がなすべきことは、マイナスを捨象するのではなく、徹底的に現実に目を向けて、360度の可能性を追求することです。
 
List
  この記事は 13463 への返信です。
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_13806
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
107902 劣化回路が拗れると変性回路につながる? 匿名希望 06/03/23 PM10
104092 変成意識は一時しのぎ ミスター 06/01/16 PM01
95479 不全のレベルが違う。 匿名希望 05/08/02 PM11
93783 「変性意識」とは統合失調症の一種なのでは? 岡村基之 05/07/02 PM10
93779 変性意識は自我回路が生み出す 新川啓一 05/07/02 PM09
90597 自我・私権の衰弱と共に、「変性意識」も消えていくのか? 竹村誠一 05/05/12 PM11
90585 必要なのは「自分が変わる」のではなく「現実を変えていく」こと 丸山桂 05/05/12 PM11
89327 変性意識と精霊信仰 山田純子 05/04/21 PM11
85543 現代における不全からの脱出法 高田敦 05/02/11 PM07
13951 改めて自然との共認 田中素 01/10/19 AM05

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、49年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp