恋愛って、何?結婚って、何?
134142 100%自分を明け渡したら、交じりあえる♪
 
ブログ イマドキの男女事情!? 06/10/13 PM09 【印刷用へ
こんばんは〜☆ みつこです 

心を開いたsexってどんなのだろう〜>たらこさん
あわわ、大変なものをバトンタッチされてしまいました〜 
でもでも、私もとっても興味があるのであります

これまでの何回か紹介されている代々木忠のビデオと著書から、そして最近のみんなの記事から、あっこれかもって思ったことがあるんです。

そ れ は、100%すべて自分を明け渡すこと


そのビデオは『密教昇天の儀』というのですが、何が良いかって、ひとつはもちろん目を見てセックスしているところです。充たしあいの静かな性です。
男優さんがそんな目交いの中、挿入なしでイって失神してしまう のですが、その後の女優さんがすごい。むせび泣きだすのです。そして失神している男優さんをむせび泣きながら愛撫していくの。。。

その彼女のさまが、何か、すべてを表していて。。。
言葉にするの難しいのですが、あえてするなら、「ありがとう、うれしい、ありがとう、うれしい」ってずっと繰り返してるみたいな・・・。 チョー良かった。見ているほうも充たされました。

イクって、100%すべてを明け渡してくれたってことで、そんな男をいとおしいと思わない女はいません。これはまた女に対しても一緒。すべてを明け渡してくれる女をいとおしいと思わない男もいない。 そうですよね 男性方  

あっ、でもここで言いたいのは、イけるどうかが指標になるってことではないです。(ここを間違うと、イカなきゃ、イカせなきゃって、意識が逆方向に向かいますので、要注意です)。 代々木忠は、そんな女優(男優)たちを無垢な子供に似ていると言います。(『プラトニックアニマル』より)



たとえばまっすぐ来たら板を踏みはずしてドブに落ちることになろうとも、「こっちにおいで」と言われたら、子供は何も考えないでやってくる。そういう子をだれがドブに落とせるだろう。


あ〜・・、まだまだ相手によく思われたいとかって気持ちを残してるかも。
見栄やプライドを持ったままかも。
本当は○○してほしいのに、△△したいのに。引かれるかもって思って言い出せなかったかも。
しかも、それを「恥ずかしいし」って言い訳してたかも。

そんな風に今までのセックスを振り返らずには居れませんでした。
でもそう思うと同時に、もっと素直に充たしあいたいな〜 、できそうっ って期待が膨らみました。 反省やダメ観念で終わらなかったのは、それだけこのビデオが肯定視に貫かれていたからだと思います。

この女優さんは最後に「肉体同士、たとえば手と手は交わらないけれども、水とジュースは交わるでしょ。・・・ホントみんな、みんな、ありがとう。ご褒美もらっちゃった。」って言うの。

相手の男にではなく、みんなに。この世界の全てにって感じだったです。

こんな境地があるってこと。
そして、それは自分をすべて明け渡したら、誰にでも訪れるんだってこと。

ありがたいですね。
教えてくれた代々忠(ヨヨチュー)に、男優さん女優さんに感謝。
続きはこちら
 
  List
  この記事は 471 への返信です。
  この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_134142
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
赤ちゃんからセックスを学ぶ?! 「イマドキの男女事情!?」 06/10/15 PM08

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、48年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp