アメリカ:闇の支配構造と略奪戦争
13412 アメリカの精神分析 2(近代〜)
 
阪本剛 HP ( 27 千葉 SE ) 01/10/13 AM00 【印刷用へ

◆◆◆アメリカを支配する「タブー」

 このヨーロッパ人の対外拡大の流れが先鋭化した結果、誕生した国家がアメリカです。
 スペイン人など最初にアメリカ大陸に植民したヨーロッパ人達は、まず、先住民族を根絶やしにかかります。文字通りの殺戮と領土の略奪の結果、数千万人から1億人もの先住民族が、10分の1にまで減ったと言われます。南米に残る無数の遺跡は、自然が風化させたのではなく、ヨーロッパ人の破壊の結果、残されたものです。

 この破壊は、アメリカという国家が存立した後々も続いていきます。一つは、ネイティブ・アメリカンへの迫害であり、一つは、アフリカ大陸を中心とした奴隷狩りです。

 アメリカの広い国土はすべて他民族のものを暴力と謀略で奪い取ったものです。 
 そして、繁栄は、膨大な奴隷を極限まで酷使することによって獲得した基盤の上に築かれました。奇妙なまでに、この歴史はかつてのローマの繁栄の構造に相似です。

 アメリカが、他国に対して執拗に「民主主義」や「自由」を主張する、心理的背景には、この自らの犯した体験に対する強迫的な「タブー」、「後ろ暗さ」、周囲からの「白眼視」が存在します。

 そのため、アメリカは、実情とはかけ離れた強引な民主化、自由化を、たとえそれが他者の迷惑であっても、強制しなければならない精神構造にあります。民衆が支持しない、忘れ去られた王族や、反動勢力を援助し、形だけの民主制、傀儡政権を樹立するのは、アメリカの常道です。
 アメリカ人の国家的歴史性には、民主主義の美しい理想とは、あまりにかけ離れた抑圧と支配、自由とはほど遠い搾取の構造が刻まれているのです。
 
 
List
この記事に対するトラックバックURL  http://www.rui.jp/tb/tb.php/msg_13412
  ※トラックバックは承認制となっています。

 この記事に対する返信とトラックバック
234684 アメリカ合衆国の建国原理=“サギ商法” SE_Hacker 10/07/15 PM00
173356 日本人は「職人脳」、アングロサクソンやユダヤは「投資家脳」 匿名希望 08/04/02 AM01
167378 「私はアメリカ合衆国について決して謝罪しない。事実がどうであるかはどうでもよい。」ジョージ・ブッシュ 奥村博己 07/12/19 PM01
165117 アメリカのNPOの寡占構造とスーパーリッチ層との関係 大嶋洋一 07/11/12 PM00
153321 人類史上に残された最大にして最後の覇権国家(略奪集団)アメリカをどうする!? ゲン 07/06/02 PM03
146614 アメリカ:何時の時代も奴隷を必要とする社会 大西敏博 07/03/07 PM01
143927 私権国家アメリカ unclefootballer 07/02/02 AM01
アメリカ社会の根っ子にある強固な父系観念 「Trend Review」 07/01/06 PM11
136642 なんでそこまで【自由】に拘るか? きっちょむ 06/11/06 AM04
アメリカが内戦を激化させているのでは…??? 「なんで屋@滋賀」 06/05/22 AM11
109265 戦争しか統合の軸が無いアメリカ unclefootballer 06/04/19 PM01
104427 「精神分裂症の日本」の総括と共認統合社会における『国防・武力』の問題を抜きにした憲法改正は、自滅の道を歩むことになりかねない。 小圷敏文 06/01/22 PM07
102619 己の醜さを隠すための旧観念 野崎章 05/12/15 AM01
アメリカは人種、言語の坩堝(るつぼ)は共認形成の難しさを語っている 「開放空間「THE ROTEN」」 05/11/14 AM07
アメリカの正体は野合集団 「開放空間「THE ROTEN」」 05/10/31 PM10
99893 エネルギー争奪戦 峯川満章 05/10/27 PM11
98163 アメリカの「○×へのすり替え」→「都合のいいほうへ湾曲」その背景は。 西田美和 05/09/29 PM10
97830 アメリカでもマスコミが保守化している 前山修司 05/09/24 PM10
アメリカの支配欲の強さは? 「開放空間「THE ROTEN」」 05/09/17 PM09
94191 日本戦後教育はアメリカ精神病強迫観念の成果物か 積満也 05/07/09 PM09
92204 宗教という観念への収束度がアメリカの支配力の根底にある 熊谷順治 05/06/06 PM10
88811 「アメリカ」の胡散臭さはもはや常識レベル 松下直城 05/04/14 PM01
88768 ボウリング・フォー・コロンバイン 高利 05/04/13 PM01
社会統合階級のメディア独占と民主主義の欺瞞 「路上日記@なんば」 05/03/19 PM10
まったくアメリカって… 「あ!なんで屋だ!」 05/03/13 PM05
85462 アメリカへの追従こそが支配を続けさす 琵琶湖 05/02/10 PM02
85454 アメリカの精神分析を読んで たのむで今岡 05/02/10 PM01
84365 ジェネレーションY @ 匿名希望 05/01/21 PM07
83294 米国の戦争の背景にある宗教 石川笑美 04/12/28 PM09
83277 アメリカ追従からの本当の離脱とは 田野健 04/12/28 AM00
13728 イギリスによる抑圧と支配 匿名希望 01/10/17 PM02
13671 Re.アメリカの精神分析 上平貴昭 01/10/17 AM00
13453 自己愛性人格障害の国家 蘆原健吾 01/10/13 PM11

[過去の記事へ]
[一覧へ戻る] [新しい記事へ]


◆実現論本文を公開しています。
 実現論 : 序  文
 第一部 : 前  史
 第二部 : 私権時代
 第三部 : 市場時代
 第四部 : 場の転換
 参考文献

 必読記事一覧
01 02 03 04 05 06 07 08 09 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28
大転換期の予感と事実の追求
実現論の形成過程
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(1)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(2)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(3)
自考のススメ1.未知なる世界への収束と自考(4)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(1)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(2)
自考のススメ2.現代の不整合な世界(問題事象)(3)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(1)
自考のススメ3.自考力の時代⇒「少年よ、大志を抱け」(2)
1.これから生き残る企業に求められる能力は?
2.私権圧力と過剰刺激が物欲を肥大させた
3.市場の縮小と根源回帰の大潮流
4.共認回帰による活力の再生→共認収束の大潮流
5.自我と遊びを終息させた’02年の収束不全
6.同類探索の引力が、期応収束を課題収束に上昇させた
7.情報中毒による追求力の異常な低下とその突破口
8.大衆支配のための観念と、観念支配による滅亡の危機
9.新理論が登場してこない理由1 近代観念は共認収束に蓋をする閉塞の元凶となった
10.新理論が登場してこない理由2 専門家は根本追求に向かえない
11.学校教育とマスコミによる徹底した観念支配と、その突破口(否定の論理から実現の論理への転換)
12.理論収束の実現基盤と突破口(必要なのは、実現構造を読み解く史的実現論)
近代思想が招いた市場社会の崩壊の危機
新理論を生み出すのは、専門家ではない普通の生産者
現実に社会を動かしてきた中核勢力
私権時代から共認時代への大転換
市民運動という騙し(社会運動が社会を変えられなかった理由)
民主主義という騙し:民主主義は自我の暴走装置である
統合階級の暴走で失われた40年
大衆に逆行して、偽ニッチの罠に嵌った試験エリートたち
新理論の構築をどう進めてゆくか

『るいネット』は、50年の実績を持つ起業家集団・類グループが管理・運営しています。るいネットワーク事務局(Tel:0120-408-333, E-mail:member@rui.ne.jp